閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
北海道支部

2019年11月 北海道歯科医師会「インフルエンザと唾液」


 元号が「平成」から「令和」に変わって半年。今年も残り二か月を切ってしまいました。そろそろインフルエンザが流行ってくる時期ですね。

 インフルエンザの予防接種をしたのにインフルエンザにかかってしまった。そんな経験はありませんか?もしかしたら、むし歯や歯周病が原因かもしれません。インフルエンザは空気感染。お口の中に入ったウイルスが体内に侵入して発症しますよね。

 そこで、重要になるのが唾液です。お口の中は唾液の分泌により湿潤状態が保たれています。ウイルスは低温・低湿を好みます。したがって、唾液の分泌量が減るとウイルスを侵入させる隙を多くしてしまいます。ですから唾液は重要なのです。

 唾液を十分に分泌させるには、よくかむことが必要です。よくかむことで、脳が刺激され血流が増えます。脳からの指令で、唾液の分泌量が増えるとともに、免疫細胞も活性化。ウイルスが侵入したとしても、早期に退治してもらえることが期待できます。

 ただし、むし歯や歯周病を放置してしまうと、よくかめなくなって唾液の分泌量が減ってしまいます。自覚症状がなくても、しっかりかめる期間がより長く続くよう、普段の歯みがき習慣に加えて、年に一回は歯の定期健診を受けましょう。

このカテゴリーの他のページ
申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]