ページ上部です

生活習慣病予防健診について

生活習慣病予防健診案内生活習慣病予防健診申込書及びリーフレット生活習慣病予防健診実施機関検索健診結果の見方

健診の内容

<対象者>:協会けんぽの被保険者(ご本人)で、当年度35歳から74歳の方

  • 年度中に35歳になる方は、4月1日から受診できます。
  • 年度中に75歳になる方は、誕生日の前日までに受診が必要です。
  • 協会けんぽの補助が受けられるのは、年度内一回限りです。 

  ※ 子宮頸がん検診(単独受診)は20歳から34歳の偶数年齢の方もご利用いただけます。

<健診の種類>

健診の種類

内容 対象年齢

受診者の費用負担上限額()内は補助額

 一般健診

診察等
身体計測
血圧測定
尿検査
便潜血反応検査
血液検査
心電図検査
胸部レントゲン検査
胃部レントゲン検査

 35歳~74歳の方

最高 7,169円
(最高11,696円補助)

眼底検査  医師が必要と判断した場合のみ実施する検査です。 

最高 79円
(最高713円補助)

子宮頸がん検診
(単独受診)

 問診・細胞診

 20歳~38歳の

偶数年齢の女性

最高 1,039円
(最高2,424円補助)

 ・一般健診に追加して受診する健診

健診種類 内容 対象年齢

受診者の費用負担
上限額()内は補助額 

付加健診

尿沈渣顕微鏡検査
血液学的検査
生化学的検査
眼底検査
肺機能検査
腹部超音波検査

40歳・50歳の方

最高 4,802円
(最高4,801円補助)

乳がん

問診・視診・触診
乳房エックス線検査

40歳~74歳の

偶数年齢の女性 

50歳以上:最高1,086円
(最高2,533円補助)

40歳~48歳:最高1,686円
(最高3,935円補助)

子宮頸がん 問診・細胞診

36歳~74歳の

偶数年齢の女性

最高 1,039円
(最高2,424円補助)

肝炎ウイルス検査

・HCV抗体検査

・HBs抗原検査

35歳~74歳の方

(一般健診受診後、健診の結果においてGPT値が36U/l以上であった方は単独でも受診できます。過去にC型肝炎ウイルス検査を受けたことがある方を除きます。)

最高 624円
(最高1,455円補助)

<費用について>

協会けんぽでは生活習慣病予防健診に補助をおこなっており、上記の表の自己負担額で受診できます(健診機関により金額が異なります)。※消費税率が8%の場合の自己負担額です。

<健診を受診できる機関>

協会けんぽと契約している全国の健診機関で受診が可能です。こちらのページで検索ができます。 


◆特定保健指導


健診機関検索 申込書記入例 Optiでデータ作成 申込み内容をアップロード 健診実施医療機関へ予約する