ページ上部です

胸部X線

対象となる健診: 被保険者一般健診

 

胸部X線検査では、肺や気管支などの呼吸器のほか、心臓や縦隔、胸膜などの病変を調べることができます。
検査は、胸部X線診断装置のフィルム部分に胸部を押しあて、息を深く吸った状態で止めたところで背後からX線を照射して撮影します。肺は黒っぽく、骨格や心臓などは白っぽく映ります。医師は映し出された異常な陰影の様子からどんな病気かを疑います。
例えば、不整な円形の白い影は肺がんなど、また、境界がはっきりしない不明瞭な白い影は肺炎や肺結核、気管支炎などが疑われます。自然気胸では、肺の縮んだ様子が映ります。

生活習慣改善については、こちらをご覧ください。

検査結果に異常がみられる場合に考えられる病気

肺炎 肺結核 肺がん 肺気腫 気管支炎 気管支拡張症 気胸 胸膜炎

※要精密検査、要治療と診断された方は、なるべく早く医療機関を受診しましょう。

呼吸器の病気の詳しい内容は「気になる病気辞典」をご覧ください。