ページ上部です

眼底検査

眼底検査

対象となる健診: 被保険者一般健診(医師の判断に基づき選択的に実施)

         被保険者付加健診

         被扶養者特定健診 (医師の判断に基づき選択的に実施)

 

黒目(角膜)は透明の組織で、ここにフラッシュを当てると目の奥の眼底が見えます。眼底には、ものの明暗・形・色を感知する網膜と血管があります。眼底は血管を直接肉眼で観察できる唯一の場所です。
眼底の血管は全身の血管の健康状態を反映するため、高血圧や動脈硬化などを見つける手がかりとなります。また、糖尿病の合併症である網膜症などの目の病気も発見できます。
眼底検査は、散瞳薬を点眼して瞳孔を広げ、眼底カメラや眼底鏡を使って、眼底の血管を調べます。なお、散瞳薬を使わず、眼底カメラで撮影する方法も増えています。 

生活習慣改善については、こちらをご覧ください。

検査結果に異常がみられる場合に考えられる病気

高血圧 動脈硬化 糖尿病網膜症 加齢黄斑変性 白内障 緑内障

※要精密検査、要治療と診断された方は、なるべく早く医療機関を受診しましょう。

病気の詳しい内容は「気になる病気辞典」をご覧ください。