ページ上部です

大腸

免疫学的便潜血検査

対象となる健診: 被保険者一般健診

 

免疫学的便潜血検査は、大腸など下部消化管の潰瘍やポリープ、がんの有無を調べるのに有効な検査です。大腸などの消化管に出血があると、便に血が混じります。しかし、微量な血液は肉眼では確認できません。
そこで、便潜血検査では、採取した便に試薬を使い、その変化から出血しているかどうかを判定します。
また、大腸の検査では医師が必要に応じて、直腸を触診して調べる「直腸検査」を行うこともあります。  

生活習慣改善については、こちらをご覧ください。

検査結果に異常がみられる場合に考えられる病気

大腸がん 大腸ポリープ 裂肛 痔 胃がん 胃・十二指腸潰瘍

※要精密検査、要治療と診断された方は、なるべく早く医療機関を受診しましょう。

大腸の病気の詳しい内容は「気になる病気辞典」をご覧ください。