ページ上部です

乳がん

乳房視診・触診

対象となる健診:被保険者 乳がん検診

日本人女性のがんの中でも最も多いとされている乳がんを発見するための検査です。
乳がん検診での視診は、乳房の大きさや形、ひきつれ・腫れ、皮膚のただれや異常分泌がないかを医師が目で観察します。
一方、触診は乳房を実際に触ってみて、しこりがないかを判断します。しこりがある場合は、しこりの大きさ、形、硬さ、表面の状態などを確認します。また、乳房以外にも脇の下や鎖骨の上のリンパ節も調べます。

生活習慣改善については、こちらをご覧ください。

検査結果に異常がみられる場合に考えられる病気

乳がん 乳腺症 乳腺線維腺腫

※要精密検査、要治療と診断された方は、なるべく早く医療機関を受診しましょう。

女性のがんに関する詳しい内容は「気になる病気辞典」をご覧ください。

 

乳房X線検査(マンモグラフィー)

対象となる健診:被保険者 乳がん検診 

 

乳房X線検査(マンモグラフィー)は、触診では見逃されがちな小さな乳がんも発見でき、乳がんの診断に有効な検査とされています。
検査は専用の装置を使って、乳房を透明なプラスチックの板に挟んだ状態でX線撮影を行い、その画像から乳がんの有無を調べます。  

生活習慣改善については、こちらをご覧ください。

検査結果に異常がみられる場合に考えられる病気

乳がん 乳腺症 乳腺線維腺腫

※要精密検査、要治療と診断された方はなるべく早く医療機関を受診しましょう。

女性のがんに関する詳しい内容は「気になる病気辞典」をご覧ください。