ページ上部です

子宮頸がん

子宮頸部細胞診(スメア方式)

対象となる健診: 被保険者 子宮頸がん検診

 

子宮がんはできる部位によって「子宮頸がん」と「子宮体がん」に分けられます。「子宮頸がん」は子宮の入り口(頸部)に発生するがんで、子宮がん全体の約7割を占め、比較的若い世代で多く発症していることが特徴です。
子宮頸部細胞診は、子宮頸がんを発見するためのふるい分け検査として行われます。検査は子宮頸部付近の細胞を綿棒などでこすりとり(スメア方式という)、顕微鏡でがん細胞の有無を調べます。
また、この検査は正常な細胞と比較して評価・診断するので、細胞ががん化する一歩前の前がん状態(異型細胞)を見つけることもできます。 

生活習慣改善については、こちらをご覧ください。

検査結果に異常がみられる場合に考えられる病気

子宮頸がん 子宮頸がんの前段階

※要精密検査、要治療と診断された方は、なるべく早く医療機関を受診しましょう。

女性のがんに関する詳しい内容は「気になる病気辞典」をご覧ください。