ページ上部です

腹部超音波

腹部超音波

対象となる健診: 被保険者付加健診

 

人の耳には聞こえない高周波の超音波は、臓器や組織の境目で反射する性質があります。この性質を利用したのが腹部超音波検査です。からだに超音波をあて、返ってくる反射波をコンピュータによって画像化して肝臓、胆のう、すい臓、腎臓など腹部の臓器・組織の様子を調べます。
腹部超音波検査は、あお向けの状態でプローブ(探触子)という超音波発信器を腹部に押し当てて行います。それぞれの器官や組織の違いによって、濃淡のある画像が得られます。腫瘍や結石があると、その部分が白い像となって浮かび上がるため、病気の早期発見に役立ちます。

生活習慣改善については、こちらをご覧ください。

検査結果に異常がみられる場合に考えられる病気

肝臓病(脂肪肝、肝炎、肝がんなど) 胆のう・胆道の病気(胆石、胆のう炎など) すい臓の病気(膵炎、膵がんなど) 腎臓の病気(腎結石、腎臓がんなど)

※要精密検査、要治療と診断された方は、なるべく早く医療機関を受診しましょう。

病気の詳しい内容は「気になる病気辞典」をご覧ください。