ページ上部です

血圧

血圧(座位)

対象となる健診: 被保険者一般健診被扶養者特定健診

 

血液は心臓のポンプ作用によって全身に送り出されています。血圧とは、血液が流れることによって血管の内壁にかかる圧力のことをいいます。心臓に溜まった血液は、心臓が収縮することで勢いよく血管へ送り出されます。このときの血圧を「収縮期血圧(最高血圧)」といいます。そして、全身から戻ってきた血液で心臓が拡張したときの血圧を「拡張期血圧(最低血圧)」といいます。

高血圧は、心筋梗塞・脳卒中を招く動脈硬化や腎臓病等の発症に関与しています。そこで血圧検査では、手動式や電子式の血圧計で上腕部を測定することで、高血圧(または低血圧)の有無を調べ、異常がないかを知る手がかりとします。

血圧はメタボリックシンドローム該当者判定および特定保健指導の階層化に使われる項目です。

生活習慣改善については、こちらをご覧ください。

特定保健指導については、こちらをご覧ください。 

基準値

収縮期血圧(最高血圧)140mmHg未満

拡張期血圧(最低血圧)  90mmHg未満

 参考:成人における血圧値の分類(日本高血圧学会:高血圧治療ガイドライン2009より)

 成人における血圧値の分類(日本高血圧学会:高血圧治療ガイドライン2009より)

※収縮期血圧と拡張期血圧が異なる分類に属する場合は,高いほうの分類に組み入れる

要治療

収縮期血圧(最高血圧)160mmHg以上

拡張期血圧(最低血圧)100mmHg以上

基準値から外れた場合に考えられる病気

高血圧症 動脈硬化症 心疾患 脳卒中

 ※要精密検査、要治療と診断された方は、なるべく早く医療機関を受診しましょう。

 ※病気の詳しい内容は「気になる病気辞典」をご覧ください。