閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
茨城支部

協会けんぽクイズ


 

 私たち協会けんぽのことを「もっと知っていただきたい!」という思いで始めたこのクイズは、メールマガジンにて毎月出題していきますので、皆さんも一緒に挑戦してみてください。

 新規メールマガジンの登録はこちら


≪問題≫


『保険料率』

 協会けんぽの保険料率は、医療費の地域差を反映して、加入している支部ごとに異なっています。そのため、健康づくり等の取組により、その都道府県の医療費を下げることができれば、保険料率も下がる仕組となっています。令和3年度の茨城支部の保険料率は何%でしょうか?

  ①9.77%

  ②9.74%

  ③9.71%

 

 

 

 

 A. ②

平成30年度からはさらに、加入者及び事業主の皆さまの健康づくりの取組み結果に応じて保険料に反映させるインセンティブ制度がスタートしております。健康づくりの取組(健診の受診率、後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用割合など)の割合が高ければ高いほど、また、前年度からの伸びが大きければ大きいほど、得点数が上がるため、保険料率に影響します。

「インセンティブ制度」についてはこちら





『出産手当金』

 被保険者(お勤めされているご本人)が出産のため仕事を休み、給与を受けられない場合の休業補償として、健康保険では出産手当金があります。では、出産(1児)予定日よりも遅れて出産した場合、出産手当金の請求可能な期間として正しいものは次のうちどれでしょう。

  ①出産予定日の42日前から出産日後の56日間

  ②出産日の42日前から出産日後の56日間

  ③出産日の42日前から出産予定日後の56日間

 

 

 

 

 A. ①

出産手当金は、出産日以前42日から出産日後56日目までの範囲内で申請が可能です。出題のように、出産が予定日よりも遅くなった場合は、出産予定日の42日前から申請が可能となりますので、出産が遅れた期間についても出産手当金が支給されます。なお、出産後の期間については、出産予定日にかかわらず、出産後56日間の範囲で申請いただけます。また、多胎妊娠の場合は、出産日(出産日が予定日後の時は出産予定日)以前98日から出産日後56日目までの範囲でご申請いただけます。

「出産手当金」についてはこちら



『医療費のお知らせ』

 協会けんぽでは、健康保険で診療を受けられたご加入者の皆様に、健康保険に対する関心を高めていただくことを目的とし、年に一回「医療費のお知らせ」を発行しておりますが、「医療費のお知らせ」は〇〇の手続きに活用することができます。さて、〇〇に入る正しいものは次のうちどれでしょう?

  ①確定申告の医療費控除の申告

  ②健康保険高額療養費の支給申請

  ③自治体等での医療費助成の申請

 

 

 

 

 A. ①

「医療費のお知らせ」は、確定申告の医療費控除の申告の手続きで医療費の明細として使用することができます。今年度(令和2年度)は令和3年1月下旬頃に事業所様等へ発送予定となっております。

※医療費控除等の申告に関する事項については、税務署へお問い合わせくださいますようお願いいたします。

「医療費のお知らせ」についてはこちら

 


『健診の受けっぱなし』

 協会けんぽでは、生活習慣病予防健診の結果、血圧値や血糖値が「要治療」または「要精密検査」と判定されながら、医療機関を受診していない〇〇の方に、手紙や電話で受診勧奨を行う「〇〇受診勧奨事業」を実施しています。さて、〇〇に入る適切な言葉は次のうちどれでしょう。

 ①メタボリックシンドローム予備群者

 ②未治療者

 ③特定健診対象者

 

 

 

 

 A. ②

未治療者に対する医療機関への受診勧奨を行っています。健診を受けっぱなしにせず、早期発見・早期治療が重要です。

「未治療者の受診勧奨」についてはこちら

 


『事業者健診結果の提供』

 次の空欄に当てはまる正しい言葉はどれでしょうか。

協会けんぽから、「定期健康診断」などのいわゆる事業者健診結果の提供を求められた場合、事業主は被保険者の健診結果票を〇〇〇・・・。

 ①提供しなければならない。

 ②提供するよう努めなければならない。

 ③提供しなくてもよい。

 

 

 

 

 A. ①

事業者健診結果の提供は、法律で定められています。提供依頼があった場合は、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

「事業者健診結果の提供」についてはこちら



『柔道整復師(接骨院・整骨院)のかかり方』

 次の原因のうち、柔道整復師(接骨院・整骨院)で「健康保険」が使用できるものはどれでしょう。

 ①仕事中に荷物を運んでいた際、腰を捻ってしまった場合。

 ②肩こりがひどくなった場合。

 ③自宅にて階段を踏み外した際転倒し、手をついた際手首を捻ってしまった場合。

 

 

 

 

 A. ③

①は業務上であるため、「健康保険」は使用することができません。業務上(通勤中)の負傷原因である場合は「労災保険」の対象になります。

②のような日常生活による単なる疲れ、肩こりなど(疲労性・慢性的な要因からくるもの)では、「健康保険」は使用することができないため、自費にて施術を受けていただくことになりますのでご注意ください。

「柔道整復師(整骨院・接骨院)のかかり方」についてはこちら

 


『ジェネリック医薬品の使用割合』

 ジェネリック医薬品は、効き目や安全性が先発医薬品と同等であると国から認められた安価な薬であり、お薬代の負担軽減・医療保険財政の負担軽減につながります。国は、このジェネリック医薬品の使用割合を2020年9月までに〇%と目標を掲げております。さて、目標〇%でしょうか。

 ①50%

 ②80%

 ③100%

 

 

 

 

 A. ②

協会けんぽでは、加入者の皆さまのジェネリック医薬品の使用希望について、医師や薬剤師の方に伝えやすくする「ジェネリック医薬品希望シール」の配布や、先発医薬品をジェネリック医薬品に切り替えた場合に、お薬代の負担軽減が一定額以上見込まれる方への自己負担額軽減可能額のお知らせ(ジェネリック医薬品軽減額通知)などを実施しています。

ジェネリック医薬品の使用促進に関する取組についてはこちら

 


『交通事故による医療機関のかかり方』

 Aさんは、プライベートの時間に車を運転し、信号待ちで停車していたところ、他人 が運転する車に後ろから追突されて、ハンドルに顔をぶつけてケガをしてしまいました。医療機関のかかり方や健康保険証の使用について、次のうち正しい説明はどれでしょうか?

 ①交通事故が原因のケガのため、医療機関では健康保険証を使用することができない。

 ②医療機関に健康保険証を使って受診し、自己負担分(3割)を支払った。(協会けんぽには未連絡)

 ③医療機関で健康保険証を使って受診し、自己負担分(3割)を支払った。後日、協会けんぽに「第三者行為による傷病届」を提出した。

 

 

 

 

 A. ③

相手方のいるケガ等で、健康保険証を使用する場合は、協会けんぽへ「第三書行為による傷病届」の提出が必要です。本来は、加害者が治療費を負担することになりますが、健康保険証を使用する場合は、Aさんが3割、協会けんぽが7割を一時的に負担することになります。協会けんぽで立て替えた7割分を加害者又は自動車保険等に請求するため、この届出が必要になります。

※交通事故やけんかなど、他人の行為による負傷で、健康保険証を使用する場合は、「第三者行為による傷病届の提出」をお願いいたします。

 


『コラボヘルス』

 コラボヘルスとは、(①)と事業所が積極的に協力し合い、労働者やその家族の健康増進を効果的・効率的に行うことを言います。コラボヘルスは、(②)と同時に扱われることが多く、健康診断結果や保健指導結果等のデータ分析をもとに、事業所の課題を抽出して、課題解決のために協力して、さらなる健康増進を目指しています。①と②の組み合わせとして正しいものは?

 A:①医療機関 ②ジェネリック

 B:①保険者 ②健康経営

 C:①産業医 ②衛生委員会

 

 

 

 

A . B:①保険者 ②健康経営

保険者である協会けんぽと事業主の協働による取組を「コラボヘルス」と呼んでいます。

健康経営は、事業所の健康課題解決のためにコラボヘルスによる健康増進の取り組みを行うことでもあります。


 

『ジェネリック医薬品の特徴について』

 ジェネリック医薬品の特徴として当てはまるのは?

 ① 経済性に優れ、患者さんの負担が軽減できる。

 ② 品質、有効性、安全性は新薬と同等である。

 ③ 飲みやすさなど患者さんに優しい製剤工夫がされているお薬もある。

 

 

 

 

 A.すべて(①、②、③)

ジェネリック医薬品は上記①~③すべての特徴があります。

将来にわたって国民皆保険制度を維持するため、ジェネリック医薬品を積極的に選択しましょう。

ジェネリック医薬品についてはこちら



『保険証の使用について』

 医療機関のかかり方や保険証の使用について、正しいものは次のうちどれでしょう。

 ① 3/20 A社を退社、3/21 B社に入社。B社の保険証が届くまでA社の保険証を使用した。

 ② 3/31まで父親の扶養家族、4/1からC社で新入社員。扶養家族の保険証をC社へ返却した。

 ③ 3/31退職、4/1から任意継続保険。任意継続の保険証が届いていなかったため、4/10に自費(全額負担)で病院を受診した。後日、療養費(立替払)の申請を行った。

 

 

 

 

 A.③

①保険証を使用できるのは退職日(資格喪失日の前日)までです。

②保険証は被保険者のお勤め先の事業主様へ返却する必要があります。

保険証を正しく使用し、医療機関へ受診しましょう。保険証の正しい使用についてはこちら

 


『メタボリックシンドローム』

 次のうち、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に該当しているのは誰でしょう。

 ① 「腹囲」と「血糖値」が基準値を超えている鈴木さん

 ② 「腹囲」と「血糖値」と「血圧」が基準値を超えている佐藤さん

 ③ 「腹囲」と「血糖値」と「脂質」が基準値を超えている高橋さん

 

 

 

 

 A.②「腹囲」と「血糖値」と「血圧」が基準値を超えている佐藤さん

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは、内臓脂肪の蓄積により、高血圧・高血糖・脂質異常症などが重複した状態のことです。自覚症状はほとんどないものの、放っておくと動脈硬化が急速に進行し、心臓病や脳卒中などを引き起こす危険性が高まりますが、健診結果に基づいて生活習慣を改善することにより、予防・改善することができます。健診後は、保健師等による特定保健指導を受けましょう。

特定保健指導についてはこちら






 


 

申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]