ページ上部です

令和元(2019)年度 被扶養者向け特定保健指導のご案内について

 

 

 協会けんぽ富山支部では、40歳以上の被扶養者(ご家族)様を対象に、健診結果における

メタボリックシンドロームのリスク数に応じた特定保健指導を実施しています。

特定保健指導は、専門の保健師等が生活習慣改善のサポートを行います。改善が必要

な方は必ずご利用していただき、いつまでも元気でいられる体づくりを目指しましょう。

 

 特定保健指導の自己負担額※および富山県内の実施機関一覧はこちらをご確認ください。

 →令和元(2019)年度特定保健指導実施機関一覧表(富山県内)

 ※特定保健指導の費用は、実施機関ごとに異なり、協会けんぽの補助を超える金額は

  自己負担となります。(一部の実施機関では、無料で特定保健指導を受けることができます。)

東日本大震災により被災された協会けんぽ加入者様へ

 協会けんぽで、東日本大震災で被災された加入者の皆さまが受診した健診・保健指導

(協会けんぽが実施するものに限ります。)に要した費用の還付を実施しています。

●東日本大震災で被災された方に対する健診・保健指導の費用の還付について

    

       特定保健指導利用までの流れ

 

●健診当日に利用する


健診の結果、特定保健指導の対象となった場合、健診機関によっては健診を受けた

当日に特定保健指導を受けられる場合があります。受診する健診機関にお尋ねください。

※当日利用される場合、最初に特定健診を受けられる際、必要となる

「特定健康診査受診券(セット券)」を必ず健診機関の窓口までご提出ください。

 

●健診受診後、後日利用する


特定保健指導の対象となった方が、健診当日に特定保健指導が受けられなかった場合には、

後日協会けんぽより自宅へ「特定保健指導利用券」をお送りします。

お近くの特定保健指導実施機関にご予約のうえ、「特定保健指導利用券」、「健康保険証」、

「健診結果通知」をお持ちいただきご利用ください。