ページ上部です

事業主・加入者の皆様へ特定保健指導のご案内

特定保健指導とは?

医療費の多くを占める生活習慣病は、内臓脂肪型肥満に起因したメタボリックシンドロームが原因と言われています。

協会けんぽでは、健診結果から、このまま放置しておくと、いずれ生活習慣病を発症するリスクが高いことが予測される対象者の方へ、生活習慣の改善をサポートする特定保健指導を行っています。今から生活習慣を改善すれば、生活習慣病を予防することができます。

特定保健指導では、健康づくりの専門家(保健師・管理栄養士)が、皆様のライフスタイルに合った生活習慣改善策を立て、取り組むことができるようサポートします。

  • 保健師・管理栄養士が生活習慣の改善を無料でサポートします。
  • ご本人様の健康増進、職場の健康管理にご利用ください。  

 

特定保健指導の対象者

40歳以上の方で、健診結果から、以下の判定基準により、積極的支援・動機付け支援に該当する方が対象となります。

特定保健指導対象者

 

特定保健指導までの流れ

 

 1.健診の受診

矢印

 2.協会けんぽで健診結果の分析 
  • 協会けんぽで健診結果を分析し、積極的支援・動機付け支援に該当する方を判定。

矢印

 3.事業所に特定保健指導のご案内を送付

  • 特定保健指導の日程調整などのご協力をいただくために、お勤め先および特定保健指導の委託健診機関に特定保健指導の対象となられる方の名簿を送付する場合があります。名簿への掲載に同意いただけない場合は、健診日から1か月以内に申出書[PDFファイル]を協会けんぽ大阪支部へご提出ください。

※申出書は健診結果に同封・事業所に配布依頼等の方法で配布しています。

矢印

 4.特定保健指導の申込み

  • できるだけ事業所で取りまとめのうえ、お申込みください。
  • 特定保健指導の対象に該当する方は個人で直接お申込いただくこともできます。

矢印

 5.特定保健指導の実施

  • 事業所で取りまとめていただいた場合は、保健師・管理栄養士が事業所様へお伺いし、特定保健指導を実施します。
  • 個人でお申込みの場合は、協会けんぽ大阪支部または委託健診機関で実施します。 

 

 《特定保健指導(積極的支援)》

①初回個別面談

お勤め先へ保健師・管理栄養士がお伺いし、生活習慣を振り返り、ライフスタイルに合わせた改善方法を一緒に考えます。

②継続サポート(3~6か月間)

電話・手紙・メールなどで、生活習慣を改善できるよう継続的にサポートします。

③6か月後評価

6か月後に生活習慣の改善状況などを伺います。

※動機付け支援は、①③の実施となります。

生活習慣病予防健診実施機関で特定保健指導が受けられます

一部の生活習慣病予防健診実施機関では、一般健診の結果により、特定保健指導を受けることができます。健診実施機関で健診と特定保健指導を合わせて受ける場合は、実施方法等が異なりますので、健診実施機関にお問い合わせください。

健診実施機関一覧はこちら

 

特定保健指導の費用

  • 無 料(協会けんぽの加入者(ご本人)の方は、無料で受けることができます。)

  

特定保健指導の取り組み・ご紹介

これから特定保健指導に取り組まれる方や、現在、取り組まれている方の参考となるよう、特定保健指導に実際に取り組まれ方の成功事例や体験談をご紹介します。皆様の健康づくりの参考として、お役立てください。

「特定保健指導の取り組み・ご紹介」はこちら