ページ上部です

【ご本人】健診の後は特定保健指導を受けましょう!

 生活習慣病予防健診を受診された方は、メタボリックシンドロームのリスクの数に応じて、よりイキイキとした毎日を過ごすための保健師・管理栄養士によるサポート(特定保健指導)が無料で受けられます。  
 ※メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪の蓄積により、高血圧・高血糖・脂質異常症などが重複した状態のことです。自覚症状はほとんどないものの、放っておくと動脈硬化が急速に進行し、心臓病や脳卒中などの病気の引き金となる危険な状態です。

サポート(特定保健指導)は、メタボリックシンドロームのリスクの数に応じた2つのタイプがあります。

サポート(特定保健指導)を受けるとどうなるの?

特定保健指導の利用方法には、次の3つの方法があります。

方法1:健診当日にセットで受ける

  健診の時間内に利用できるので効率的!

  ※ただし、当日の利用は、40歳以上の方に限ります。

方法2:健診後日に事業所で受ける

  ご都合の良い日時に、保健師・管理栄養士が事業所へお伺いします。

方法3:タブレットやスマートフォンを使用して受ける(お忙しい方向け)

  ご都合の良い場所で、特定保健指導を利用できます。

 ご希望の方は、まずは「広島支部 保健グループ (TEL:082-568-1032)」へご連絡ください。

 ※面談用タブレットの貸出(無料)も行っています。

 なお、広島支部では、当該事業につきまして、合同会社カルナヘルスサポート、株式会社ベネフィットワン、株式会社ベストライフ・プロモーションの3社へ委託しております。

 

 (参考)遠隔面談での特定保健指導イメージ資料