ページ上部です

特定健康診査(被扶養者)とは

 

特定健康診査とは

生活習慣病といわれる糖尿病や高血圧症、脂質異常症は、最初は症状がなくても心筋梗塞、脳卒中などの重大な病気につながり、生活の質の低下や医療費の増大を招きます。

特定健診は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目してこれらの病気のリスクの有無を検査し、リスクがある方の生活習慣をより望ましいものに変えていくための保健指導を受けていただくことを目的とした健康診査です。



特定健康診査の対象になる方

40歳~74歳の方が受けられます。

  • 受診時に協会けんぽの加入者(ご家族)であることが必要です。
  • 受診する年度に75歳を迎える方は、誕生日から後期高齢者医療制度の加入者となりますので、誕生日の前日までに受診を終えていただく必要があります。
  • 受診する年度に40歳を迎える方は、40歳の誕生日を迎えていなくても4月1日から受診できます。

※被保険者の方は特定健康診査ではなく、生活習慣病予防健診の対象となりますので、生活習慣病予防健診のご案内をご覧ください。

 

 特定健康診査項目

自己負担額:

最高6,650円を協会けんぽが補助します。自己負担額はこの補助額を差し引いた額となりますが、健診費用は各健診機関によって異なるため、自己負担額は一律に同じではありませんので、予約する際に併せてお尋ねください。 



項目 検査の内容
診察等 視診、触診、聴打診などを行います。
問診 現在の健康状態や生活習慣(飲酒、喫煙の習慣など)を伺い、検査の参考にします。
身体計測 身長、体重、腹囲を測り、肥満度の指標であるBMIも計算します。
血圧測定 血圧を測り、循環器系の状態を調べます。
血中脂質検査 動脈硬化などの原因となる中性脂肪やHDLコレステロール、LDLコレステロールを測定します。
肝機能検査 肝細胞の酵素を測定し、肝機能などの状態を調べます。
血糖検査 空腹時血糖またはHbA1c、随時血糖を測定し、糖尿病などを調べます。
(随時血糖を測定する場合は、食事開始後3.5時間以上経過していること)
尿検査 腎臓、尿路の状態や糖尿病などを調べます。


詳細な健診の項目

今年度の血糖・血圧の健診結果、貧血が疑われる方等から、医師の判断により実施されるものです。 



自己負担額:

最高3,400円を協会けんぽが補助します。自己負担額はこの補助額を差し引いた額となりますが、健診費用は各健診機関によって異なるため、自己負担額は一律に同じではありませんので、予約する際に併せてお尋ねください。



心電図検査 不整脈や狭心症などの心臓に関わる病気を調べます。
眼底検査 眼底カメラで瞳孔から網膜を撮影し、眼底の血管を調べます。糖尿病による目の病気や動脈硬化の状態などを知ることができます。
貧血検査 血液中の赤血球数、血色素量などを測定し、貧血などの血液の病気を調べます。
 血清クレアニチン検査
(eGFRによる腎機能の評価を含む)
血清クレアニチンと年齢及び性別から推算糸球体濾過量(eGFR)を計算し、腎機能の状態を評価します。 

 

健診結果の見方についてはこちら

 

健診のお申込み、お問い合わせについて

協会けんぽ支部へお問い合わせください。