ページ上部です

富山支部の重症化予防事業について

 

1. 概要

 生活習慣病予防健診の結果、血圧値・血糖値から「要治療」または「再検査」と判定された方々のうち、約半数は医療機関への受診が確認できない状況にあります。こうした将来的な病気の重症化が懸念される方々(加入者ご本人)へ、医療機関へ早期に受診いただくためのご案内を実施しております。

 

2. ご案内の「対象者」と「実施方法」

【一次ご案内】

 以下の(1)~(3)のすべてに該当する方

 (1) 35歳以上75歳未満の生活習慣病予防健診を受診した方(加入者ご本人)

 (2) 以下の基準のうち、いずれかひとつでも該当する方 

収縮期血圧

拡張期血圧

空腹時血糖

HbA1c

160mmHg以上

100mmHg以上

126mg/dl以上

6.5%以上(NGSP値)

 (3) 健診受診前月及び健診受診後3カ月以内に、医療機関への受診が確認できない方


【二次ご案内】

 一次ご案内の対象者のうち、健診結果(血圧値・血糖値)がより重症域にある(以下の基準のいずれかひとつでも該当する)方

収縮期血圧

拡張期血圧

空腹時血糖

HbA1c

180mmHg以上

110mmHg以上

160mg/dl以上

8.4%以上(NGSP値)

 

【実施方法】

 概ね健診の半年後に、受診勧奨案内をご自宅へ送付いたします。

  

3. 啓発資料・受診勧奨案内の送付

 上記「2」の受診勧奨案内の送付後、受診状況が確認できない方へ、富山県医師会様と連名の啓発資料や受診状況等を確認するご案内をご自宅へ送付いたします。

 

4. 電話による受診勧奨案内

 上記「3」の受診勧奨案内の送付後、なお受診状況が確認できない方へは、お電話でご自宅もしくは勤務先に再受診のご案内をいたします。