ページ上部です

事業者健診結果データの提供のお願い

 協会けんぽ埼玉支部では、加入者皆様の健康の保持・増進を目的として、事業所で実施されている定期健康診断〔労働安全衛生法に基づく事業者健診のこと〕の結果データの取得に取り組んでいます。

 定期健康診断の結果データをご提供いただくことで、従業員の皆様の健康状態から特定保健指導の対象となった場合は、無料の健康相談(特定保健指導)を受けることができます。

 従業員の皆様の健康は、職場の明るい雰囲気や快適な職場づくりに欠かせない要素の一つです。生活習慣病の発症や重症化の予防のためにも、事業者健診結果データのご提供につきましてご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

事業者健診結果データを提供するメリットは?

○協会けんぽ埼玉支部の保健師による特定保健指導(健康相談)を無料で利用できます。

※健診結果をご提供いただくことで、生活習慣病の発症リスクの高い方を対象にした特定保健指導などを行います。

○生活習慣病を改善・予防することで、医療費の増加を抑制することができます。また当協会が国に対して拠出する後期高齢者支援金等の金額が抑えられることにより、皆様の健康保険料の上昇を抑制することにつながります。

                                 ▲ページ上部へ戻る

 

診結果データを提供して個人情報は問題ありませんか?

 事業主様が協会けんぽに対して健診結果を提供していただくことは、「高齢者の医療の確保に関する法律」に規定されていますので、事業主様が責任を問われることはございません。また、ご提供いただきました健診結果は、個人情報保護の法律、全国健康保険協会個人情報保護規定その他の関係法律に基づき、確実な漏洩防止策を講じて適切な管理を行います。
 なお、誤解によるトラブルを防ぐために、対象となる従業員の皆様には健診結果データを協会けんぽへ提供することを、あらかじめお知らせください。
 リーフレット「健診結果の提供にご協力をお願いします」pdfファイル お知らせの資料としてご活用ください。

【高齢者の医療の確保に関する法律〔昭和57年法律第80号〕】抜粋

第27条

2.保険者は、加入者を使用している事業者等又は使用していた事業者等に対し、厚生労働省令で定めるところにより、労働安全衛生法その他の法令に基づき当該事業者等が保存している当該加入者に係る健康診断に関する記録の写しを提供するよう求めることができる。

3.前二項の規定により、特定健康診査若しくは特定保健指導に関する記録又は健康診断に関する記録の写しの提供を求められた他の保険者又は事業者等は、厚生労働省令で定めるところにより、当該記録の写しを提供しなければならない。

※保険者とは、協会けんぽ、健康保険組合など健康保険の運営主体のことです。

                                     ▲ページ上部へ戻る

 

事業者健診結果データの提供対象者は?

データ提供していただく対象者は、下記の条件を満たす方です。

①協会けんぽに加入しているご本人(被保険者)

②40歳から74歳までの方

※今年度、当支部で行っている「生活習慣病予防健診」を受診された方、又は受診される方は除きます。

                                     ▲ページ上部へ戻る 

 

事業者健診結果データを提供していただく検査項目は?

1. 基本データ

健康保険証の記号・番号、氏名〔カナ〕、生年月日、性別、健診機関名及び健診機関コード番号、健診受診日、住所 等

2. 健診項目

身長、体重、BMI、腹囲、血圧、脂質〔中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール〕、空腹時血糖〔又は随時血糖、又はヘモグロビンAIc〕、肝機能〔GOT、GPT、γ-GTP〕、尿検査〔尿糖、尿たんぱく、糖など〕

3. 問診票

服薬歴、喫煙歴〔既往歴がありましたら、特定保健指導に活用しますので、極力ご提供をお願いします。〕

※健診結果の階層化を行い、当該加入者の方に対して特定保健指導を実施するためには、健診項目以外に服薬情報・喫煙歴の情報が必要となります。また、現病歴はデータに含みません。

※上記のデータについて、一部でも検査ができなかった項目がある場合は、対象外になります。

※階層化とは、特定健康診査の結果からメタボリックシンドロームの程度とリスク要因の数に照らし合わせ、リスクの高さや年齢に応じてレベル別に保健指導を行うための対象者の選定を行うことです。

自覚症状、他覚症状の有無

4. その他

メタボリックシンドローム判定、医師の判断(注意事項)、健診を実施した医師の氏名 等

                                     ▲ページ上部へ戻る 

 

事業者健診結果データ提供方法(流れ)は?

 

受診した健診機関を通じて提供する場合

  1. 事業所様から、協会けんぽ埼玉支部保健グループまで同意書pdfファイル をご提出いただきます。
  1. 事業所様からご提出いただきました同意書に基づき、協会けんぽ埼玉支部から事業者健診を受診された健診機関に事業者健診結果データの作成依頼を行います。 

※健診結果のスムーズなご提供のため、事業所ご担当者様におかれましては、受診された健診機関と事前に調整くださいますよう、ご協力をお願いいたします。

  1. 健診機関からご協力いただける場合は、協会けんぽ埼玉支部と健診機関で覚書等を結びます。 

※健診機関によっては、データ化できない場合などの理由により、健診結果を提供いただけない場合があります。その場合は、協会けんぽ埼玉支部より事業所様に紙媒体でのご提供をお願いする場合がございます。

  1. 健診機関から協会けんぽ埼玉支部に事業者健診結果データが提出されます。 
  1. 事業者健診結果データに基づき、特定保健指導の対象者の方がいる場合は、協会けんぽ埼玉支部より特定保健指導のご案内があります。 (特定保健指導を希望された場合) 

 

事業所様から直接提供される場合

  1. 事業所様から、協会けんぽ埼玉支部保健グループまでご連絡もしくは、同意書pdfファイル を郵送にてご提出いただきます。 
  1. 協会けんぽ埼玉支部から、事業所様に作成していただく事業者健診結果データについて、覚書締結等事務手続のご案内があります。 
  1. 上記2.によりご了解いただきました後で、協会けんぽ埼玉支部から覚書等を郵送いたします。 
  1. 覚書等が届きましたら、内容等ご確認のうえ、覚書に事業主様の証明印等を押していただきます。 

    続いて、事業者健診結果データの作成ツール〔協会けんぽホームページよりダウンロード〕により、データを作成していただきます。

    ※健診結果データをご提供いただくまでの流れはこちらpdfファイル
  2. 作成した事業者健診結果データ(CD-R等の媒体)、覚書〔二通〕、予定者〔対象者〕名簿、請求書(データ作成手数料が発生する場合)をご用意のうえ、協会けんぽ埼玉支部にご提出いただきます。 

    ※一定の条件を満たした場合は、協会けんぽがデータ作成手数料を負担します。(上限があります。)

    ※ご提出された健診結果データに不備などがあり再作成を必要とする場合、提出済みの記録媒体を返却することなく再度ご提出していただくことがございますので、ご了承ください。

    (例:協会けんぽの生活習慣病予防健診を受診済みの方が含まれている場合など)
     
  3. 事業者健診結果データに基づき、特定保健指導の対象者の方がいる場合は、協会けんぽ埼玉支部より特定保健指導のご案内があります。 (特定保健指導を希望された場合)

                                     ▲ページ上部へ戻る

 

お問い合せ・ご連絡先

〒330-8686
埼玉県さいたま市大宮区錦町682-2 大宮情報文化センター(JACK大宮) 16階
全国健康保険協会 埼玉支部
保健グループ
電話 048-658-5915
FAX 048-658-6062