ページ上部です

生活習慣病予防健診(ご本人用)のご案内

健診の種類・対象者・費用について

健診の申込手続きについて

 

加入者ご本人の生活習慣病予防健診

  • 生活習慣病予防健診は加入者ご本人が受診できます。
  • 年度中1回に限り保険者(協会けんぽ)の費用負担が受けられます。
  • 受診時に協会けんぽの加入者ご本人であることが必要です。
  • 受診者負担額は、受診する健診実施機関により異なりますが、負担額には上限があります。

 ※健診実施機関によっては、予約状況によりお申し込みの受付を終了させていただく場合がありますので、お申し込みはお早めにお願いいたします。

(事業所にお勤めの方)

(任意継続被保険者の方)

健診の種類・対象者・費用について

《一般健診》

 

健診の種類と主な検査項目 健診対象者

本人の費用負担 

●問診・触診・身体計測(腹囲など)  

●視力・聴力測定  ●血圧測定  ●尿検査  ●便潜血反応検査  ●血液一般検査  

●血糖検査  ●尿酸検査  ●血液脂質検査  ●肝機能検査  ●胸部レントゲン検査  

●胃部レントゲン検査  ●心電図検査   

 

35歳以上75歳未満の被保険者の方

 

 

最高7,038円を負担

●眼底検査
  • 医師から追加検査が必要と告げられた場合に受診してください。
  • 眼底検査の費用は、一般健診の費用に併せて窓口で支払うことができます。
最高78円を負担

  ※特定健康診査項目を含みます。

《付加健診》

健診の種類と主な検査項目 健診対象者 本人の費用負担

●尿沈渣顕微鏡検査  

●血液学的検査(血小板数、末梢血液像)  

●生化学的検査(総蛋白、アルブミン、総ビリルビン、アミラーゼ、LDH)  

●眼底検査  

●肺機能検査  

●腹部超音波検査

一般健診を受診する方で
  1. 40歳の被保険者の方

     
  2. 50歳の被保険者の方

最高4,714円を負担

     ※一般健診に追加して受診する健診で、費用は一般健診費用負担に追加となります。 

《乳がん・子宮がん検診(どちらかのみの受診も可能)》

 

健診の種類と主な検査項目 健診対象者 本人の費用負担

乳がん検診
●問診  ●乳房エックス線検査

※視診・触診は医師が必要と判断する場合のみ実施

子宮がん検診
●問診  ●細胞診

一般健診を受診する40〜74歳の偶数年齢の女性の被保険者で受診を希望する方

50歳以上〉

最高1,066円を負担

40〜48歳〉

最高1,655円を負担

 

※子宮がんのみの場合は最高1,020円を負担

 

  ※一般健診に追加して受診する健診で、費用は般健診費用負担に追加となります。
  ※健診機関によっては、一般健診とは別の医療機関での検診となることがあります。
  ※本人の費用負担額は乳がん・子宮がん検診のセットの金額です。

《子宮がん検診(単独受診)》

健診の種類と主な検査項目 健診対象者 本人の費用負担
●問診  ●細胞診 20〜38歳の偶数年齢の女性の被保険者で受診を希望する方
 
最高1,020円を負担

  ※36歳、38歳の方で一般健診を受けられる方は、一般健診と併せて受診することもできます。 

《肝炎ウイルス検査》

健診の種類と主な検査項目 健診対象者 本人の費用負担
●HCV抗体検査  ●HBs抗原検査
  1. 一般健診を受診する方
     
  2. 一般健診においてGPT値が36以上であった方
    (但し、過去にC型肝炎ウイルス検査を受けたことがある方は除く)
最高612円を負担

 

※C型肝炎は肝硬変や肝がんなどに進行しやすいといわれます。特に中高齢者に感染者が多いとみられるため、

   緊急対策として今まで肝炎検査を受けたことのない方を対象に実施します。
プライバシーに配慮して、希望者本人が健診実施機関に直接申し込みをしてください。

 

お申し込みの手続きについて 

①受診希望のとりまとめ

事業所単位で、受診希望者と受診する健診の種類を取りまとめます。

 
②健診機関の予約
・申込書の記入

受診を希望する健診機関に、あらかじめ受診日をご予約のうえ、『生活習慣病予防健診申込書』に必要事項を記入します。

  • 受診する健診の種類を「○」で囲んでください。
  • 受診を希望されない方や、退職された方は二重線で抹消してください。
  • 健診予約年月日・健診機関コードの記入漏れが多いのでご注意ください。

●健診実施医療機関一覧はこちら 

 
③申し込み先 健診実施機関に予約後、協会けんぽ兵庫支部あてにご郵送ください。
(注)肝炎ウイルス検査については、予約された健診機関に直接申し込みください。
 
④健診の実施

受診時には「健康保険証」を必ずお持ち下さい。

●予約日が近づきましたら、健診実施機関より案内文書や検便などの検査容器が送付されますので、案内にしたがって受診してください。

●健診日・健診内容の変更、キャンセルのご連絡は、直接健診機関へお願いします。

 
⑤健診結果の送付 ●健診結果は、健診機関より、2週間ほどで事業所様宛に送付されます。
 
⑥特定保健指導・健診後の
健康相談の実施

健診後の保健指導・健康相談は無料です。

 生活習慣病予防健診の結果、特定保健指導に該当される方を中心に、該当事業所へ保健指導のご案内を送付いたします。

 保健師・管理栄養士が職場にお伺いします。(無料)

 特定保健指導は、メタボリックシンドロームの予防・改善が必要と思われる方への、6ヶ月間の健康サポートです。2つのタイプがあります。(動機づけ支援・積極的支援)

 詳しくは下図を参考に、健診結果を確認してみましょう。

 

保健指導チャート図

 

○お申し込み・お問い合わせ先

         全国健康保険協会 兵庫支部 保健グループ

         ℡ 078-252-8705(保健グループ直通)