閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
福岡支部

健康保険料率に関する制度「インセンティブ制度」について


   協会けんぽでは、医療費の適正化・健康保険料率の低減のため、平成30年度から新たに「インセンティブ(報奨金)制度」

    を導入しています。

  皆様の取り組みが健康保険料率に反映されます。


 

協会けんぽの加入者及び事業主の皆様の健康づくり等への取組(5つの指標)の成果に応じて、インセンティブ(報奨金)を付与し、

都道府県支部ごとの保険料率に反映させる制度です。

当該年度の取組成果は、翌々年度の健康保険料率に反映させる仕組みとなっており、令和2年度の取組成果は令和4年度の

健康保険料率に反映されます。

 

①制度の財源として新たに全支部の健康保険料率に0.01%(段階的に導入)を盛り込んで計算します。

②5つの評価指標について、支部の実績に応じて得点をつけ、全支部をランキング付けします。

47支部中上位23支部に①を財源とした報奨金を充てることによって保険料率を引き下げます。


 


1.協会けんぽの健康診断を受けているか(評価指標① 特定健診等の実施率)

  実施率 51.5%    45位/47支部


2.健診後の健康サポートを利用しているか(評価指標② 特定保健指導の実施率)

  実施率 17.3%    16位/47支部


3.メタボ対象者が減っているか(評価指標③ 特定保健指導対象者の減少率)

減少率 33.0%    26位/47支部


4.健診結果が「要治療」の方が医療機関を受診したか

(評価指標④ 医療機関への受診勧奨を受けた要治療者の医療機関受診率) 

受診率 13.5%    3位/47支部


5.ジェネリック医薬品を選んでいるか(評価指標⑤ジェネリック医薬品の使用割合)

使用割合 78.6%   19位/47支部


 


   ※各指標の順位は実績だけでなく、対前年度の伸び幅や伸び率も評価の対象です。



1.年に1回、協会けんぽの健康診断を受けましょう

〇被保険者(ご本人)様は「生活習慣病予防健診」を受診しましょう

※労働安全衛生法に基づく定期健康診断(事業者健診)を実施する場合は、40歳以上の方の健診結果を協会けんぽにご提供ください。

〇被扶養者(ご家族)様は「特定健診」を受診しましょう

    


2.健診後の健康サポート(特定保健指導)を利用しましょう

健診結果で、生活習慣の改善が必要(メタボリックシンドロームのリスクが高い)と判定された方は協

会けんぽの特定保健指導を利用し、生活習慣を改善しましょう 

 ※対象者がいる場合は、事業所様宛に「特定保健指導のご案内」をお送りしています。面談の日

   程調整等にご協力お願いします。

 


3.健康的な生活を意識しましょう

〇健康サポートを受けた方は、最後までプログラムにとりくみましょう

「ふくおか健康づくり団体・事業所宣言」に登録し、事業所全体で健康づくりに取り組み、日頃から

健康的な生活習慣を心がけましょう

 


4.健診結果が「要治療」の方は医療機関に受診を!

ご自身の健康のために、必ず医療機関を受診しましょう。早期に治療を開始すれば重症化を防ぐ

ことができます


 

5.ジェネリック医薬品を選びましょう

医療機関や薬局でお薬をもらう際は、積極的にジェネリック医薬品を希望しましょう

    ※ジェネリック医薬品とは、先発医薬品の特許が切れたあとに開発されたお薬で、先発医薬品と同

一の有効成分を含み、効き目や安全性が同等であると国から認められた安価なお薬です

 

 ◆細について詳しくはこちら

 ◆広報チラシがダウンロードできます。職場内でご回覧下さい。 


   R3福岡支部インセンティブ制度画像


 

申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]