ページ上部です

事業者健診結果 提供についてのお願い

事業者健診と特定健診

 特定健康診査(以下「特定健診」という)の検査項目は、「労働安全衛生法に基づき事業主が実施する定期健康診断」(以下「事業者健診」という)の検査項目に含まれています。

 そのため、事業者健診の健診結果を提供いただくことで、特定健診の実施に代えられ、その健診結果に基づき、特定保健指導をご利用いただくため、事業者健診結果の提供をお願いしています。

 

事業者健診結果を提供するメリット 

メリット1 保健指導を無料で受けることができます!

 提供いただいた事業者健診の結果に基づいて、愛知支部の保健師または委託実施機関による保健指導を利用することができ、生活習慣を改善して、加入者皆様の健康の保持増進を図ることができます。

 

メリット2 医療費増加の抑制と健康保険料率上昇の抑制につながります!

 国が定めた特定健診の実施率及び特定保健指導実施率の目標を達成することで後期高齢者支援金の負担率が抑えられ、健康保険料の上昇の抑制につながります。 

事業者健診結果の提供の概要 

事業者健診結果の提供対象者

 提供をしていただく対象者は、下記の1・2を満たす方です。

  1. 協会けんぽに加入する被保険者本人
  2. 40歳以上75歳未満の方

ただし、協会けんぽの生活習慣病予防健診を受診済みまたは受診予定の方は除きます。 

 

  

事業者健診結果の提供方法 

 事業主様が、事業者健診結果の提供に同意をしていただき、提供対象者の被保険者証の記号・番号や受診者氏名を愛知支部にご報告いただくことで、原則健診機関を通じて国が定めるデータ形式により、愛知支部に提出されます。

 事業者健診結果の提供に関して、事業所様に行っていただく部分は、の箇所のみです。(特定保健指導を実施する場合は4の手続きも必要です。)   

愛知支部へ事業者健診結果の提供に同意していただける場合は、「事業者健診結果の提供に関する同意書」に記入のうえ、愛知支部に提出します。
ダウンロード:事業者健診結果の提供に関する同意書(PDFファイル) 

 ↓

愛知支部から事業者健診を受けた健診機関へ、健診結果データの提供依頼をします。(※)

 ↓
健診機関から愛知支部へ、事業者健診結果の提供を受けます。
 ↓
特定保健指導を希望された事業所様は、事業者健診結果に基づいて、特定保健指導対象者の方について、事業所様と愛知支部または委託実施機関とで日程調整を行い、特定保健指導を受けます。(特定保健指導は、対象者の方に個別に面談などを行います。)

〈提供に関する同意について〉

・全国健康保険協会に対して、事業者健診の記録を提供することは、高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号)第27条に規定されていますので、事業主様が責任を問われることはありません。

 (※)国が定めるデータ形式で提供できない場合などにより、健診機関から健診結果データを提供いただけなかった時は、事業所様に紙媒体による健診結果の提出を愛知支部よりお願いすることがございます。この場合の提供方法は下記のとおりです。

〈紙媒体によりご提出いただく場合〉

下記の3点を愛知支部へご提出いただきます。

1.「事業者健診結果の提供に関する同意書」

2.「健診結果の写し」

3.「問診票の写し」(健診結果に服薬歴や喫煙歴など問診内容が載っていない場合のみ必要ですが、お手元に問診票がない場合は、下記ファイルにより問診票を印刷して、受診者に記入していただき、併せてご提出ください。)

 ダウンロード:問診票ファイル(PDFファイル)  

事業者健診結果を提供していただく項目 

  1. 基本データ
    健康保険被保険者証の記号・番号、氏名(カナ)、生年月日、性別、健診機関名、健診受診日
  2. 健診項目
    身長、体重、BMI、腹囲、血圧、脂質(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)、血糖(空腹時血糖、ヘモグロビンA1c、随時血糖のいずれか一つ)、肝機能(GOT、GPT、γ―GTP)、尿検査(尿糖、尿たんぱく)、心電図など
  3. 問診票
    服薬歴、喫煙歴(既往歴がありましたら、特定保健指導に活用しますので、極力ご提供をお願いいたします。)※健診結果の階層化を行い、当該加入者の方に対して特定保健指導を実施するためには、健診項目以外に服薬情報・喫煙歴の情報が必要となります。また、現病歴はデータに含みません。