ページ上部です

鹿児島支部 第2期保健事業実施計画(データヘルス計画)

 データヘルスとは、「医療保険者が電子的に保有された健診や医療費(レセプト)などの健康医療情報を活用した分析を行ったうえで行う、加入者の健康状態に即したより効果的・効率的な保健事業」を指します。

 全国健康保険協会では、保健事業の推進を図ることを目的として、的確な分析と目標の設定、それに基づく計画の策定と事業の実施、成果の評価のみならず改善のための評価と見直しを適正に実施するため、各支部の保健事業計画(データヘルス計画)を策定することとしています。

 

鹿児島支部における保健事業実施計画(データヘルス計画)

 鹿児島支部では、第1期データヘルス計画(平成27年度から平成29年度)の取り組みを振り返りつつ、第2期データヘルス計画(保健事業実施計画)を作成しました。平成30年度からの3か年間は計画に基づいた保健事業に力を入れ、取り組みます。

 鹿児島支部の第2期データヘルス計画(保健事業実施計画)はこちらをご覧ください。