ページ上部です

被保険者(ご本人)の保健指導

協会けんぽでは、健診の結果から、生活習慣の改善が必要と判断された40歳~74歳の方に

メタボリックシンドロームに着目した特定保健指導を実施しています。

メタボリックシンドロームは生活習慣を改善することにより、予防・改善することができます。

健診後は、保健師等による特定保健指導を受けましょう。

保健師、管理栄養士は国家資格を取得した健康管理の専門家です。健診結果の見方や

健診結果をもとに日頃の食生活や運動・その他健康に関する幅広いご相談に応じますので

お気軽にお声かけください。

保健指導のながれ

Step1

健診の結果により、生活習慣の改善が必要と思われる方を保健指導の対象に選ばせていただきます。

Step2

対象の方がいらっしゃる事業所様へ、協会けんぽから後日健康相談の日程などをお知らせし、

保健師または管理栄養士が職場へお伺いします。

Step3

対象の方の生活習慣を振り返り、ライフスタイルに合った目標を設定し、オーダーメイドの

健康づくりをご提案します。

 

特定保健指導には、健診結果に応じて「動機づけ支援」と「積極的支援」の2種類があります。

この支援の対象となられた方は、メタボリックシンドロームのリスクが出始めている方です。

原則1回、個別面談またはグループ学習により、保健師等がご一緒に生活習慣を振り返り、

ライフスタイルに合わせた生活習慣の目標設定や実行をお手伝いします。

 

この支援の対象となられた方は、メタボリックシンドロームのリスクが高い方です。

個別面談またはグループ学習で、保健師等がご一緒に生活習慣の目標を設定した後、

3か月~6か月間継続的に、個別面談・メール・手紙・FAXなどにより、その実行をお手伝いします。

 

      特定保健指導のご案内が届きましたら、ぜひご利用ください! 

   ※保健指導の対象にならなかった場合でも、ご希望の方には健診後の健康相談を実施いたします