ページ上部です

平成30年度協会けんぽ調査研究報告書

 

【全体版】

 ・平成30年度調査研究報告書

 

【分割版】

 ・表紙

 ・調査研究報告書の発行に当たって

 ・目次

 

 1.北海道支部

  「歯周疾患と生活習慣病の関係」に係る研究 

 

 2.宮城支部

   効果的な保険事業のための特定保健指導に関する詳細な分析

 

 3.東京支部

  業態別メンタルヘルス障害発症リスクの検討

  慢性腎臓病の進展に基礎疾患が与える影響の検討-6年間の観察研究-

  健診・レセプトを活用した疾病別の発症リスク予測モデルの検討

 

 4.富山支部

  5年間の生活習慣病予防健診情報を用いた動態的集団評価の試み

 

  5.静岡支部

  AMR対策アクションプランと協会レセプトにおける地域サーベイランス

 

 6.滋賀支部

  レセプトデータに基づく保険薬局に対する後発医薬品情報提供事業の一考察

  集団検診における受診率と地域性や経済的要因との相関関係に基づく事業の検討

 

 7.大阪支部

  多受診発生予防のための介入ポイントの探索

 

 8.兵庫支部

  がん検診の医療費に与える影響に関する一考察

 

 9.和歌山支部

  家族に対する集団減塩教室の効果検証

 

 10.広島支部

  中小企業従業員とその扶養家族を対象とした脳血管疾患及び心疾患の発症に関する疫学研究

 

 11.福岡支部

  肝炎ウイルス検査促進と陽性者へのフォロー体制の構築