ページ上部です

制度の目的

制度の目的

日本の医療保険制度は、職域によって加入する制度が異なります。大きく分けると、農業や自営業を営む人たちが加入する「国民健康保険」、会社や工場、商店などで働く人が加入する『健康保険』になります。

健康保険は 会社などで働く人が 病気やけがをしたとき 病気やけがで会社を休み給料が出ないとき 亡くなったとき 出産のため会社を休み給料が出ないとき お産をしたとき
その家族が 病気やけがをしたとき 亡くなったとき お産をしたとき などの医療給付や手当金などを支給して、生活を安定させることを目的にした「社会保険」制度です。