ページ上部です

健診後の特定保健指導(被保険者ご本人様向け)のご案内

特定保健指導とは、40歳から74歳を対象にした生活習慣を見直すためのプログラムです。
費用は無料になりますので、健診受診後、特定保健指導の対象となった場合には是非ご活用ください。
なお、ご案内は「①健診機関」または「②協会けんぽからお勤め先を通じて」の主に2通りあります。

①健診機関からご案内
 特定保健指導を実施している健診機関の場合、当日(当日実施対応機関に限る)または後日に特定保健指導のご案内があります。

②協会けんぽからお勤め先を通じてご案内
 「健診機関が特定保健指導を実施していない」または「実施している健診機関で特定保健指導を希望しなかった」場合には、協会けんぽからお勤め先を通じてご案内があります。
※協会けんぽが委託している事業者から特定保健指導のご案内がある場合もあります。

実施機関一覧(ご本人様)はこちら
※表の右側に「特定保健指導欄」があります。実施方法は主に「当日実施」「後日実施」があり、どちらかの表記がある機関が特定保健指導機関です。詳しい実施方法については、実施機関にお問い合わせください。)

特定保健指導に関する詳細は下記をご覧ください。

<資料集>

<特定保健指導機関向け資料集>

<特定保健指導機関向け資料集>

 

特定健診(ご家族)後の健康相談およびメタボリックシンドロームに着目した特定保健指導

 特定健診の結果、内蔵脂肪蓄積の程度と心疾患のリスク要因の数でレベル分けして、3カ月以上にわたり健康になるための効果的なプログラムを行う保健指導を実施しています。
 特定保健指導の対象になった方のご自宅に「特定保健指導利用券」を送付します。(協会けんぽの加入者でなくなった時は、利用券はご利用できません。)
 特定健診受診の際に、セット券を利用し、特定保健指導を受けられる健診機関もございます。

 

予約について

 特定保健指導を希望される場合は、実施機関に電話等でご予約ください。実施機関により内容や費用が異なりますので、詳細は各機関へお問い合わせください。

 

当日持参していただくもの
  • 「特定保健指導利用券」
  • 2018年度、2019年度に受けられた「特定健診の結果票」
  • ご自身の「協会けんぽ健康保険証」
  • 費用

 

特定保健指導の自己負担額について

 窓口でお支払いただく額は保健指導費用から「協会けんぽから補助される額」を差し引いた金額です。

 保健指導費用総額 ー 協会けんぽから補助される額 = 自己負担額

協会けんぽから補助される額

  • 動機付け支援を受けた場合・・・上限8,470円
  • 積極的支援を受けた場合・・・・上限25,120円

 

ご注意いただくこと

  特定保健指導の都内実施機関一覧表はこちらへ   

  他道府県で特定保健指導をご希望される場合は、協会けんぽ各道府県支部へお問い合わせください。