ページ上部です

特定保健指導のご案内

生活習慣病予防健診後の健康相談およびメタボリックシンドロームに着目した特定保健指導 

  • 今後の生活習慣病予防のために、個人のライフスタイルに合わせて、食生活や運動など具体的な改善策を保健師等と一緒に考えていきます。
  • 自分自身の生活習慣を振り返るよいきっかけになります。
  • 特定保健指導の対象者には、3カ月以上経過後に、面接・メール・電話を用い、健康づくりの支援をします。 
     
             ご自身の健康管理のために体重測定表をご利用ください。

<お申し込みは>

生活習慣病予防健診受診後、お申込みをご希望の場合は、下記専用ダイヤルまでご連絡ください。

 

●お申込み お問い合わせ先●

 特定保健指導専用ダイヤル 03-6853-8100

 

 <資料集>

平成30年度 特定保健指導請求書様式(保健指導委託機関向け)
※平成30年4月1日以降に実施された初回面談日に基づく特定保健指導に限りご使用できます。

●特定保健指導委託機関向け契約更新資料 
 ・被保険者に対する特定保健指導業務受託申請書(様式1)
 ・被保険者に対する特定保健指導業務実施計画書(様式2)
 ・被保険者に対する特定保健指導業務実施機関調査票(様式3)
 ・特定保健指導業務従事者名簿(様式4)
 ・再委託申請書(様式6)

 

特定健診後の健康相談およびメタボリックシンドロームに着目した特定保健指導

 特定健診の結果、内蔵脂肪蓄積の程度と心疾患のリスク要因の数でレベル分けして、3カ月以上経過後にわたり健康になるための効果的なプログラムを行う保健指導を実施しています。
 特定保健指導の対象になった方のご自宅に「特定保健指導利用券」を送付します。(協会けんぽの加入者でなくなった時は、利用券はご利用できません。)

 

予約について

 特定保健指導を希望される場合は、実施機関に電話等でご予約ください。実施機関により内容や費用が異なりますので、詳細は各機関へお問い合わせください。

 

当日持参していただくもの
  • 「特定保健指導利用券」
  • 28年度、29年度に受けられた「特定健診の結果票」
  • ご自身の「協会けんぽ健康保険証」
  • 費用

 

特定保健指導の自己負担額について

 窓口でお支払いただく額は保健指導費用から「協会けんぽから補助される額」を差し引いた金額です。

 保健指導費用総額 ー 協会けんぽから補助される額 = 自己負担額

協会けんぽから補助される額

  • 動機付け支援を受けた場合・・・上限7,560円
  • 積極的支援を受けた場合・・・・上限23,760円

 

ご注意いただくこと

 協会けんぽの加入者でなくなった時は、利用券はご利用できません。

  特定保健指導の都内実施機関一覧表はこちらへ   

  他道府県で特定保健指導をご希望される場合は、協会けんぽ各道府県支部へお問い合わせください。