ページ上部です

大村市と「健康づくりの推進に向けた包括的連携に関する協定」を締結しました

 大村市と全国健康保険協会 長崎支部は、市民の健康づくりの推進に向けて相互の連携を強化する『健康づくりの推進に向けた包括的連携に関する協定』を締結しました。

 

協定締結日

平成26年11月17日

 

目的

大村市と全国健康保険協会 長崎支部が相互に連携・協力を行い、大村市民の健康づくりの推進に向けた取り組みを通じて、市民の健康寿命の延伸を図ることを目的とする。

 

連携・協力事項

  • 市民の健康状況を把握するための情報共有と調査、分析に関すること
  • 特定健康診査、がん検診等受診促進、並びに保健指導の実施率の向上に関すること
  • 医療費適正化の取り組みに関すること
  • 大村市が策定した「第二次健康おおむら21計画」の推進に関すること
  • 地域・職域連携による健康づくりに関する具体的な取組の検討及び実施に関すること
  • その他、上記の目的を達成するために必要な事業に関すること

 

締結式の様子

 

       署名を行う山本支部長

 

 

   握手を交わす大村市の松本市長(左)と山本支部長