閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
北海道支部

上手に禁煙するために禁煙外来を活用しましょう


比較的楽に

  

より確実に

  禁煙の可能性が
  ●禁煙補助剤で2~3倍UP↑
  ●指導を受けるとその内容に応じて3倍近くまでUP↑
  (出典:U.S,Department of Health and Human Services.Treating Tobacco Use and Dependence,2008.)

あまりお金をかけずに

  健康保険による禁煙治療とたばこ代の比較(いずれも12週分の費用
   
   (注1)健康保険による禁煙治療の自己負担は3割として計算
   (注2)ニコチンパッチは8週間、パレニクリンは12週間の標準使用期間として費用を算出

1 たばこの害

      たばこは、脳卒中や心臓病をはじめ、多くの病気と関係しており、年間約13万人がたばこが
      原因で亡くなっていると報告されています。

 2 受動喫煙の健康被害

     肺がん、虚血性心疾患で年間6800人が亡くなっていると報告されています。低体重児、
       乳幼児突然症候群、子どもの中耳炎や肺炎も受動喫煙によってリスクが高くなります。

  

step1 健康保険で禁煙治療が受けられます!

  健康保険で禁煙治療が受けられるようになりました。「楽に」「確実に」「あまりお金をかけずに」
  禁煙するためにも医療機関を受診して禁煙治療を受けることをおすすめします。

 
 
                   
                              医療機関の検索サイト  http://www.nosmoke55.jp/nicotine/clinic.html
                                                                                               (日本禁煙学会ホームページ)

                        
 
                                              ・禁煙治療では、飲み薬やニコチンパッチという貼り薬を使うことができます。
                                              ・治療は5回全て受診したほうが、禁煙成功率が高いことがわかっています。
                                              ・禁煙できなくても治療は最後まで継続しましょう。

step2 受診条件の確認

  健康保険で禁煙治療を受けるためには、4つの条件を満たしている必要があります。
  自己チェックしてみましょう!!

  □条件1.現在たばこを吸っていて、ただちに禁煙しようと考えている
  □条件2.ニコチン依存症の診断テスト(下表)の結果が5点以上である
  □条件3.医療機関で禁煙治療の同意書に署名を求められることに同意する
  □条件4.1日平均喫煙本数×喫煙年数が200以上である(35歳以上)
    例)1日平均喫煙本数20本で30年間吸っている場合、20本×30年間=600と計算

    

申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]