ページ上部です

始めよう!健康事業所宣言!

健康づくりの取り組みを宣言して健康事業所の認定を受けませんか?

高齢化が急速に進展している中で、従業員の健康管理は、事業所にとって大きな課題となっています。健康経営は、従業員の健康づくりを積極的に行うことで、生産性・収益性を高めていくという考え方で厚生労働省だけでなく、経済産業省も積極的な普及活動を展開しています。

平成27年7月には経済団体、保険者、自治体、医療団体などから構成された「日本健康会議」が発足し健康寿命の延伸や医療費適正化などについて具体的な対応策を進めています。

また、北海道では「北海道健康増進計画 すこやか北海道21」において、健康寿命の延伸を目指すとともに地域などの違いによる健康格差の縮小の実現を目指し、道民の健康増進を総合的に推進しています。

こうした状況から協会けんぽ北海道支部においても、より一層健康づくりを推進するため北海道と連携して健康経営に取り組むことを宣言した事業所を認定してサポートする「健康事業所宣言」を行います!

北海道のホームページはこちらから

 

3つの健康づくりメニューについて取り組んでいただきます

  1. 従業員の生活習慣改善を支援
    協会けんぽの特定保健指導を利用します。
    協会けんぽでは、生活習慣病予防健診を受診いただいた方で、生活習慣病発症のリスクが高い方を対象として特定保健指導を無料で実施しております。
    リスクの数に応じて、2つのタイプの特定保健指導を保健師や管理栄養士が実施します。
  2. 検査・治療のための環境整備
    健診結果において再検査などの必要がある従業員に対し医療機関への受診勧奨をします。
    健診後に送られてくる健診結果通知票に「要精密検査」や「要治療」の結果があった場合は検査・治療をするようにお勧めください。
    また、医療機関を受診しやすいように勤務シフトなどにご配慮ください。
  3. 社内での健康づくりの推進
    ① 4つの健康カテゴリから選択
      「生活習慣改善の推進」 「運動の推進」 「喫煙対策」 「メンタルヘルス対策」
    ② 具体的な項目を選択
      具体的な取り組み事例はご案内リーフレットに掲載しております、ご参照ください。
      また、カテゴリに関する項目であれば、独自の取り組みを設定することもできます。

申請の方法について

下記エントリーシートをご提出していただきます。その後、協会けんぽ北海道支部より「宣言書」を交付いたします。また、当ホームページにて事業所名を公表させていただきます。
健康づくりメニューの取り組みを出前健康づくり講座等でサポートさせていただきます。

※健康保険サポーター(健康保険委員)を委嘱させていただいている事業所さまを対象としております。健康保険サポーターがいない場合は、同時にご推薦いただくことで申請いただけます。

「健康事業所宣言」リーフレット 表紙 1 2 3 4 5 エントリーシート 

「健康事業所宣言」リーフレット横判① 「健康事業所宣言」リーフレット横判②