ページ上部です

退職したとき、保険証はいつまで有効?

保険証は退職日当日まで有効です

退職により健康保険の資格を喪失すると、保険証は失効します。

よって、退職の翌日以降は保険証を使用できませんので、速やかに事業主へ返却してください。

<誤って保険証を使用したケース>
  • 月単位で保険料を支払っているので、月末まで使用できると思っていた。
  • 保険証が使用できなくなることを扶養家族に伝えていなかった。
  • 新しい保険証ができるまで使用していた。

 

失効した保険証を使用すると、医療費の返還を求められます!

万一、失効した保険証を使用した場合は、協会けんぽで負担している医療費(総医療費の7~9割程度)を返還していただくことになります。

また、繰り返し失効した保険証を使用すると、詐欺罪等で処罰されることがありますので、失効した保険証は必ず事業主へ返却してください。

 

退職後の健康保険加入手続きを速やかに行いましょう

退職後はご自身で健康保険加入手続きが必要です。退職後に加入する健康保険として、「任意継続」、「市区町村の国民健康保険」、「ご家族の健康保険(被扶養者)」の3種類があります。

これらの制度は、それぞれ加入できる条件や保険料額等が異なりますので、各制度を比較検討の上、加入手続きをお願いします。

➔退職後の健康保険についてはこちらのページをご覧ください。