ページ上部です

全国健康保険協会次世代育成支援行動計画

 本計画は、我が国における急速な少子化の進行並びに家庭及び地域を取り巻く環境の変化に対応するため、次世代育成支援対策推進法(平成15年法律第120号)に基づき、職員が仕事と子育てを両立させ、職場においてその能力を十分に発揮できる環境創りと、全職場を挙げてこれを支援することを目的としています。

 

1.計画期間

平成31年4月1日~令和6年3月31日までの5年間

2.実施内容

(1) 育児休業制度の拡充
  育児・介護休業法の規定を上回る期間の育児休業制度を実施する。

(2) 妊娠中や出産後の女性職員の健康の確保及び男性職員の子育て目的の休暇取得促進のための措置
  全国健康保険協会における子育て支援に関する諸制度についてパンフレット等を作成し、職員への配布または協会内イントラネット掲示板への掲載等により、制度の周知を行う。

(3) 週に1日以上のノー残業デーの設定
  子を持つ職員が、帰宅後に家族との時間を過ごせるよう、職場ごとにノー残業デーを設定し、所定時間外労働時間を縮減する。また、業務の都合等により職場ごとに設定したノー残業デーを振り替える場合には、必ず 同一週内に設定し、週に1日以上のノー残業デーを設ける。