ページ上部です

海外で急な病気にかかって治療を受けたとき

海外療養費とは

海外療養費制度は、海外旅行中や海外赴任中に急な病気やけがなどによりやむを得ず現地の医療機関で診療等を受けた場合、申請により一部医療費の払い戻しを受けられる制度です。

海外療養費
添付書類はこちらからご確認ください

 

給付の範囲

  • 海外療養費の支給対象となるのは、日本国内で保険診療として認められている医療行為に限られます。そのため、美容整形やインプラントなど、日本国内で保険適用となっていない医療行為や薬が使用された場合は、給付の対象になりません。

 

  • 療養(治療)を目的で海外へ渡航し診療を受けた場合は、支給対象となりません。日本で実施できない診療(治療)を行った場合でも、保険給付の対象とはなりません。

 

支給金額

日本国内の医療機関等で同じ傷病を治療した場合にかかる治療費を基準に計算した額(実際に海外で支払った額の方が低いときはその額)から、自己負担相当額(患者負担分)を差し引いた額を支給します。

 

  • 日本と海外での医療体制や治療方法等が異なるため、海外で支払った総額から自己負担相当額を差し引いた額よりも、支給金額が大幅に少なくなることがあります。 

 

  • 外貨で支払われた医療費については、支給決定日の外国為替換算率(売レート)を用いて円に換算して支給金額を算出します。  

      表    

手続きに必要な書類

海外療養費の申請については、以下の申請書と添付書類が必要です。

 

医科の場合

歯科の場合

1.海外療養費支給申請書・・・ア
2.診療内容明細書(様式A)・・・イ
3.領収明細書(様式B)・・・ウ
4.現地で支払った領収書の原本

1.海外療養費支給申請書・・・ア
2.領収明細書(様式B)・・・ウ
3.歯科診療内容明細書(様式C)・・・エ
4.現地で支払った領収書の原本  

医科・歯科共通

5.各添付書類の翻訳文
 ※翻訳文には、翻訳者が署名し、住所および電話番号を明記してください。
6.受診者の海外渡航期間がわかる書類
 (パスポート・ビザ・航空チケットなど当該渡航期間がわかる部分のコピー等)
 ※パスポートの場合は、①氏名・顔写真と②出入国スタンプのページの両方のコピーを添付して下さい。(診療を受けた期間に渡航先に滞在していたことが分かるよう目印をつけて下さい。)
7.同意書(様式D)…オ
 具体的な診療内容等について、診療等を受けた医療機関に照会するため、療養を受けた方の同意書を添付して下さい。

その他 (条件に該当する場合に必要)

8.ケガ(負傷)による申請の場合

  負傷原因届 …カ

9.第三者による傷病の場合

  第三者行為による傷病届 …キ

10.被保険者が亡くなられ、相続人の方が請求する場合

  被保険者との続柄がわかる「戸籍謄本」等 

11.臓器移植による申請の場合

  Ⅰ.日本臓器移植ネットワークの登録証明書の写し
  Ⅱ.海外の施設に入院していた間の経過記録の写し
  Ⅲ.臓器移植を必要とする被保険者等が「①レシピエント適応基準に該当し、日本臓器移植ネットワークに登録している状態であること・②国内での待期状況を踏まえると、当該患者が、海外で移植を受けない限りは生命の維持が不可能となる恐れが高いこと」について、臓器移植を受ける被保険者等の主治医(学会認定の移植認定医)が作成した海外の施設への紹介状の写しに、部門長又は施設長がサインしたもの

提出していただく書類等

健康保険海外療養費支給申請書

お読みください  申請書の印刷についてのお願い

 

 診療内容明細書(様式A)[pdfファイル]

※健康保険用国際疾病分類番号をご証明いただく場合は、 「国際疾病分類表」を参照してください。

領収明細書(様式B)[pdfファイル]

歯科診療内容明細書(様式C)[pdfファイル]

同意書(様式D)[pdfファイル]

負傷原因届

第三者行為による傷病届

 

様式A~Dの記載について

  • 様式A~Cは、審査を行うにあたり、とても重要な書類のため、証明していただく海外の医療機関には、できるだけ詳細に証明していただくよう、お願いしてください。特に、様式Aの傷病名や疾病分類番号、様式Bの通貨単位は、必ず記載してください。
  • 様式A~Cは、1ヶ月ごと、受診者ごと、医療機関ごと、入院・外来ごとに1枚ずつ、それぞれの医療機関での証明が必要です。
  • 様式A~Cは、それぞれ、必ず日本語訳を添付していただき、翻訳者の住所・氏名を記入し押印をしてください。
  • 様式A~Cは、被保険者、受診者等による記入はできません。担当医に記入・署名をご依頼下さい。
  • 様式A~Cは、同様の項目・内容が記載されていれば、独自に作成した様式をご使用されても構いませんが、日本語訳は必ず添付が必要です。
  • 様式Dは、具体的な療養内容等について、診療等を受けた医療機関等に照会するため、療養を受けた方の同意書を添付してください。

提出先

〒240-8515
 横浜市保土ヶ谷区神戸町134
 横浜ビジネスパークイーストタワー2F

 協会けんぽ 神奈川支部
 海外療養費グループ      宛 
 
  
 ※ 各支部に提出されても、神奈川支部に回送されます。

注意事項

  • 海外で治療費の支払いをした翌日から2年を経過すると、時効により申請できなくなります。

  • 海外療養費の審査には、通常、数か月お時間をいただきます。(被保険者や医療機関等に照会することがあります。)

  • 海外療養費の支給は、海外への直接送金はできません。事業主または日本在住のご家族に受け取りを委任してください。(療養費支給申請書の受取代理人の欄にご記入ください)