閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
医療機関における一部負担金の免除について

 令和6年能登半島地震による災害の被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方やそのご家族に、心よりお悔やみ申し上げます。

 全国健康保険協会では、令和6年能登半島地震により甚大な被害を受けられた加入者の皆様につきまして、令和6年1月1日~令和6年4月30日の診療において、医療機関窓口での一部負担金等の支払いの免除を行うことといたしましたのでお知らせいたします。


 免除の対象となる方(以下の1と2の両方に該当する方


1.
令和6年1月1日に令和6年能登半島地震に係る災害救助法の適用市町村に住所を有していた健康保険法または
  船員保険法による全国健康保険協会の被保険者又は被扶養者(災害発生以降、適用市町村から他の市町村
  に転入した者を含む。)  
   ※令和6年能登半島地震に係る災害救助法の適用市町村はこちら(※内閣府ホームページ)


2.令和6年能登半島地震を原因として、下記のいずれかに該当する旨、医療機関の窓口で申し立てを行った方

• 住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をした方

• 主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った方

• 主たる生計維持者の行方が不明である方

• 主たる生計維持者が業務を廃止し、又は休止した方

• 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方  

   ※なお、医療機関等の窓口における申し立て内容については、後日、当協会から確認を行う場合があります。                                                             


 受診・利用の流れ


 医療機関等の窓口で、対象者である旨をご申告いただくことで、医療保険の窓口負担について、支払いが不要となります。

 免除対象期間


 令和6年1月1日から令和6年4月30日までの診療、調剤及び訪問看護


 参考(厚生労働省作成リーフレット)


 患者向けリーフレット、医療機関・薬局向けリーフレットはこちら(※厚生労働省ホームページ)                                                

申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[マイナンバー新規(変更)登録申出書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]