閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
山梨支部

バックナンバーVol.116(2021年9月1日発行)


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
          
協会けんぽ山梨支部メールマガジン
      
     やまなしロハス便り  第116号        
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■令和3年9月1日■□■□■

こんにちは、協会けんぽ山梨支部です。


現在、山梨県に「まん延防止等重点措置」が適用されています。


協会けんぽ山梨支部におきましては、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、各種ご申請等につきましては、極力、郵送によるお手続きをお願いしております。

また、ご相談等につきましても、お電話にていただきますよう併せてお願い申し上げます。


加入者および事業主の皆様にはご不便ご迷惑をおかけいたしますが、ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。


▼お問合せ先・申請書の入手方法等はこちらをご覧ください
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/yamanashi/g1/r3-8/2021081901/

▼新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)※厚生労働省HP
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html


■ 目次 ■―――――――――――――――――――――――――――――――

1.【健康クイズ】 クイズ健診のミカタ!
  
2.【重要】 協会けんぽからのお知らせ

3.【案内】 健康関連イベント情報
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■□---------------------------------------------------------
 
1.クイズ健診のミカタ!(第23回)

---------------------------------------------------------■□
第23回は【子宮頸がん】についてです。


子宮がんには、子宮頸がんと子宮体がんがあり、どちらも同じ子宮がんですが、発生する場所によって名称が異なります。

子宮頸がんは、女性特有のがんでは最も発症頻度が高いがんと言われています。

子宮の入り口に発生し、無症状で進行していきます。

10代後半から発症し、30代後半から40代前半でピークとなります。


一方、子宮体がんは、子宮内膜から発生するがんで、不正出血などの症状を伴います。

40代後半から60代の閉経後にかけて発症し、肥満や糖尿病、高血圧などで発症リスクが上昇します。

また、一般的に子宮がん検診と呼ばれるのは発症頻度の高い「子宮頸がん検診」を指します。

2年に1度、定期的に検診を受けることによって、早期発見、早期治療を行うことができます。




ここでクイズです。

子宮頸がんの特色で正しいものを選びましょう。(いくつでも可)


①初期症状がほとんどないため自分で気づくのは困難。

②女性特有のがんの中で最も発症頻度が高い。

③40代から60代に多く、肥満や高血圧、糖尿病でリスクが高まる。

④罹患して早い段階で出血がみられることや、閉経後の不正出血に注意が必要である。















答え 子宮頸がんの特色は①②です。(③④は子宮体がんです)


子宮頸がんは、ほぼ無症状で進行し、自分では気づきにくいため、子宮がん検診は重要です。

不正出血や気になる症状のあるときは、早めに受診し子宮頸がん・子宮体がんの両方を検査してみましょう。

また、2年に一度の検診だけでなく「要精密検査」と判定された場合には、早めに精密検査を受けましょう。

▼子宮頸がん検診(協会けんぽ加入の被保険者の方について)
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/yamanashi/cat040/seikatsu/4410-17766/
※被扶養者の方については、お住いの市町村広報誌等でご確認ください。

▼メルマガバックナンバーより過去の「クイズ健診のミカタ!」をご覧いただけます。
ぜひ、ご自身の健診結果と照らし合わせてみてください♪
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/yamanashi/cat130/


■□---------------------------------------------------------

2.協会けんぽからのお知らせ

---------------------------------------------------------■□

<お知らせ1>
◆被扶養者資格再確認について

令和3年10月下旬から11月中旬にかけて、順次「被扶養者状況リスト」を事業主様へお送りいたします。

事業主様より被保険者の方に対して、対象の被扶養者の方が健康保険の被扶養者要件を満たしているかご確認いただき、被扶養者状況リストに確認結果をご記入のうえ、同封の返信用封筒でご提出ください。  


お忙しいところ誠に恐縮ですが、ご理解とご協力をお願いいたします。


▼「令和3年度被扶養者資格再確認について」
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/event/cat590/info210721/



<お知らせ2>
◆「季節の健康レシピ」を掲載しています。
9月におすすめのレシピが7品掲載されていますので、ぜひお試しください♪

▼「季節の健康レシピ 9月」
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat520/09/


<お知らせ3>
◆協会けんぽ加入の事業所様へ毎月お送りしているチラシ「協会けんぽやまなし」は、こちらからご覧いただけます

▼「協会けんぽやまなし」   
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/yamanashi/cat080/2021042801/

■□---------------------------------------------------------

3.県内健康関連イベント情報     
---------------------------------------------------------■□

<ご案内>

◆山梨産業保健総合支援センター様では、【「口から始めよう!健康寿命の延伸」~健康寿命100年時代!~】など様々な研修が開催予定です。
※新型コロナウイルスの影響により中止・延期となる場合があります。

▼詳細はこちら(山梨産業保健総合支援センターHP)
https://www.yamanashis.johas.go.jp/



今月も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

■本メールマガジン「やまなしロハス便り」は登録者を募集中です。

ぜひ、ご家族やご友人にご紹介をお願いします。  

▼登録はこちら
https://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/webapp/form/16501_rky_3/index.do

=================================
発行 協会けんぽ(全国健康保険協会)山梨支部
〒400-8559 山梨県甲府市丸の内3-32-12 甲府ニッセイスカイビル
TEL 055-220-7750(代表)
山梨支部HP
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/yamanashi 
(協会けんぽの申請書・届出用紙はこちらからダウンロードできます)





申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[マイナンバー新規(変更)登録申出書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]