ページ上部です

バックナンバー11月号(2019年11月5日配信)

□:◆:□:◆:□_____________


 いきいき!『けんわかメール』令和元年11月号

  全国健康保険協会和歌山支部メルマガ

_____________□:◆:□:◆:□
          
        
      ◎.. もくじ ..◎

< 1 > 和歌山支部からのお知らせ

【事業主・加入者の皆さまへ】
 ①「被扶養者状況リスト」をご提出ください
 ②「わかやま健康と食のフェスタ2019」へ出展します
 ③ 職域リーダー養成講習会のご案内

【被扶養者(ご家族)の皆さまへ】
  ○ 今年度の健診はお済みですか?
    
【任意継続保険ご加入の皆さまへ】
  ○ 11月分の保険料納付期限のお知らせ

< 2 >みんなのギモン(第7回)
 
 ○ 医療費が高額になりそうな時

< 3 > 健康お役立ち情報
 
 ① 季節の健康情報「肝機能が気になったら」
 ② 季節の健康レシピ「カキとブロッコリーのオイスターソース炒め」


=■+☆=■+☆=■+☆=■+☆=■+☆=■+☆=■+☆=■ 


 < 1 > 和歌山支部からのお知らせ

【事業主・加入者の皆さまへ】

  ①「被扶養者状況リスト」をご提出ください
_____________________________________________

  毎年実施している被扶養者資格再確認について、今年は9月下旬から10月下旬にかけて事業所様へ「被扶養者状況リスト」をお送りしています。
 リストに記載されている方が現在も被扶養者の条件を満たしているかご確認いただき、必要事項を記入、事業主印を押印のうえご返送ください。
 加入者のみなさまの保険料負担の軽減につながる大切な確認となります。
 必ず期限までにご提出いただきますようお願いいたします。

 提出期限:令和元年11月20日(水)

■ 令和元年度 被扶養者資格再確認についての詳細はこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat590/info10531

■ 健康保険の被扶養者の範囲や収入条件などはこちら(日本年金機構のHPへアクセスします)
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20141204-01.html

 +・・+▲・・+・・+▲・・+・・+▲・・

 ②「わかやま健康と食のフェスタ2019」へ出展します
_____________________________________________
 
 「健康長寿日本一わかやま」の実現を目指し、和歌山県が主催する「わかやま健康と食のフェスタ2019」が以下のとおり開催されます。
 和歌山県のお土産やグルメ、ステージでの催し等、魅力ある内容となっています。
 協会けんぽでは、保険者協議会としてブース出展します。
 血管の老化度がわかる”血管年齢測定”が無料で受けられますので、ぜひお立ち寄りください。

 (日時)令和元年11月9日(土)〜11日(月) 10:00〜17:00 
     ※11日は16:00まで。
     ※協会けんぽが出展するのは、9日(土)と10日(日)のみです。
 (場所)わかやまビッグホエール


 +・・+▲・・+・・+▲・・+・・+▲・・

 ③ 職域リーダー養成講習会のご案内
_____________________________________________

 令和2年4月1日から強化される受動喫煙防止対策により、オフィスや事業所、飲食店等すべての施設で原則屋内禁煙となります。
 施設の設備や受動喫煙によるリスクについて、専門家の話が聞ける貴重な機会です。会社の健康管理を担当されている方は、ぜひご参加ください。
 
 (日  時)令和元年12月6日(金)13:30〜15:30
 (場  所)和歌山市保健所 3階大ホール
 (申込締切)11月28日(木)

■ 詳しくはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/wakayama/g1/r1-10/2019101101

+・・+▲・・+・・+▲・・+・・+▲・・

【被扶養者(ご家族)の皆さまへ】
 
  ○ 今年度の健診はお済みですか?
_____________________________________________

 「毎日忙しいから」「定期的に通院しているから」などで、健診が後回しになっているということはありませんか?
 毎年健診を受けることで、ご自身のカラダの経年的な変化が確認でき、大きな病気になる前に治療や生活習慣の改善などで対処することができます。
 また、定期的に通院していても、健診を受けることで他の病気を発見することもありますので、毎年健診を受けることも重要です。

 協会けんぽでは、毎年1回、特定健診項目の費用を一部補助しています。
 年に1度の健診に、ぜひ協会けんぽの特定健診をご利用ください。

■ 特定健康診査(特定健診)の詳細はこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/wakayama/cat040/tokutei300611

+・・+▲・・+・・+▲・・+・・+▲・・

【任意継続保険ご加入の皆さまへ】

  ○ 11月分の保険料納付期限のお知らせ
_______________________________________________

 11月分の任意継続健康保険料は11月11日(月)が納付期限です。
 納付期限までに保険料を納められないと、 納付期限の翌日で任意継続の資格を喪失します。


=■+☆=■+☆=■+☆=■+☆=■+☆=■+☆=■+☆=■     


 < 2 >みんなのギモン(第7回)

 ○ 医療費が高額になりそうなとき
 _______________________________________________

 自分や家族、従業員が急に入院することになった、そんなときあなたはどうしますか?。
 医療費が高額になりそうなとき「限度額適用認定証」を申請し、それを病院の窓口で提示することで、一定の限度額までの支払いで済み、高額な医療費を負担することが避けられます。
 今月は「限度額適用認定証」について、みなさまからよくいただくご質問にお答えします。

 Q1)
  急に入院することになりました。医療費が心配なので限度額適用認定証を発行してほしいのですが、どれくらい時間がかかりますか?

 A1)
  申請書をご記入のうえ、ご加入の協会けんぽ都道府県支部へご提出ください。
  その後、1週間ほどでご自宅へ「限度額適用認定証」をお送りします。
  ※ただし、例えば大阪支部加入の方が和歌山支部に申請書を提出された場合、作成に通常より時間がかかりますのでご注意ください。


 Q2)
  自己負担の限度額はどうやって決まるのですか?また、限度額適用認定証を利用しましたが、それより高い金額を支払っているのですが。

 A2)
  年齢や報酬によって自己負担限度額は異なります。詳しくは、協会けんぽのホームページをご確認ください。
  また、差額ベッド代などの保険診療外となるものや、食事一部負担金などの高額療養費の対象とならないものが含まれていると思われますので、領収書をご確認ください。


*次回は、限度額適用認定証が間に合わず高額な医療費を負担している場合や、複数の医療機関で高額になっている場合に申請が必要となる「高額療養費制度」についてです。


■ 限度額適用認定証や自己負担限度額についてはこちらhttps://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3020/r151

        
 =■+☆=■+☆=■+☆=■+☆=■+☆=■+☆=■+☆=■      

 < 3 > 健康お役立ち情報

 ① 季節の健康情報(肝機能が気になったら)

 健診結果で肝機能(ALT(GPT)、AST(GOT)、γ-GTP)の値が気になったことはありませんか?
 肝臓は「沈黙の臓器」とよくいわれるように、ダメージがあっても自覚症状は現れにくいです。
 肝臓の病気というと「お酒の飲みすぎ」のイメージが強いですが、ウイルスや肥満によって病気となることもありますので、みなさまぜひご覧ください。
                
■季節の健康情報はこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g5/cat510/h31/1110101

+・・+▲・・+・・+▲・・+・・+▲・・

 ② 季節の健康レシピ(カキとブロッコリーのオイスターソース炒め)

 肝臓のケアにはバランスのとれた食生活や体重管理が欠かせません。
 「海のミルク」と言われるくらい栄養豊富なカキを使ったレシピです。
 バランスのとれた食事で肝臓をいたわりましょう。
         
■季節の健康レシピはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat520/h31/1110102

 =■+☆=■+☆=■+☆=■+☆=■+☆=■+☆=■+☆=■

  ★けんわかルーム(さえの徒然日記)★

 朝晩の風が冷たく、秋の季節の到来を感じますね。
 もう少しすると木々が色づき始め、紅葉狩りが楽しめるようになりそうです。

 先日、職場における健康づくりに関するセミナーに参加してきました。
 このメールをお読みいただいている皆様は、職場で過ごす時間が1日の大半を占めている方が多いと思いますが、長く時間を過ごす職場の中で、健康づくりの取組みができると良いと思いませんか?
 最近では、1日のうちに座っている時間が長いと、糖尿病やメンタルヘルス不調、さらには座っている時間が短い人に比べて、死亡リスクが高まるといった研究結果も出ています。
 デスクワークが多い人は特に、1時間に1度は意識して体を動かすように心掛けたいですね。
 
 また、職場で健康づくりに取り組むことで、従業員のパフォーマンスが上がり、会社の業績が向上したという事例も多く出ています。
 健康な人が増え、さらには会社にもいい影響を与える「職場の健康づくり」。
 広く普及していってほしいと、秋の夜長に願うのでした。

=■+☆=■+☆=■+☆=■+☆=■+☆=■+☆=■+☆=■

発行元:全国健康保険協会和歌山支部
 住所:〒640-8516 和歌山市六番丁5 
     和歌山第一生命ビル3階
 電話:073-421-3100(代表)