閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
鳥取支部

第3回 一人当たり外来医療費が低いのは?~所在地別比較編~


 所在地別編 修正

   「社員の健康づくり宣言」についてはこちら

 


  所在地第3回女の子①

  所在地第3回グラフ

   所在地第3回表

  所在地第3回女の子①

   宣言「なし」事業所が宣言「あり」事業所に比べ、約6千円程医療費が低いという結果
   となりました。
   また、地域によって、医療費の額に大きくばらつきがでています。


医療費を節約するには

   医療費は少しの心がけで節約することができます。
   といっても、「具合が悪いのに受診せず我慢する」ということではありません。

   例えば、紹介状もなしに、いきなり大病院に受診すると5,000円以上の特別料金がかかってしまいます。
   まずは「かかりつけ医」を持ち、「かかりつけ医」から大病院を紹介してもらうのがおトクです。
   また、「はしご受診」を控えることで、余分にかかる医療費を節約することができます。
   処方されている薬をジェネリック医薬品に切り替えることも効果的です。
   先発医薬品と比較して、最大で6割も負担が軽くなることがあります。

   協会けんぽでは、毎年1月下旬頃に「医療費のお知らせ」をお送りしています。
   これを機会に、ご自身の医療費を振り返ってみませんか?

  所在地第3回女の子③

  

  ↓ 画像をクリックすると「知っトク!」のページに飛びます。

   

  「かかりつけ医」を持っていますか?
  知っトク!かかりつけ医   


  時間外受診は割増料金がかかる

  知っトク!時間外受診

  

  ジェネリック医薬品に切り替えよう!
  知っトク!ジェネリック

申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]