閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
徳島支部

バックナンバーvol.111 (令和3年11月1日発行)


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 
   協会けんぽ徳島支部「知っとくマガジン」  第111号

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


こんにちは!協会けんぽ徳島支部です。

今日から11月に入りました。
朝晩の寒暖差に体が慣れず、体調を崩しがちな季節ですので体調管理には十分気を付けましょう。
さて、秋も深まる今日この頃、お鍋がおいしい季節の到来です。お肉もいいですが、白菜や人参、ネギなど野菜が豊富に取れるのも魅力の一つではないでしょうか。
ところで、1日にどれくらい野菜を食べたらよいかご存じでしょうか?
徳島県では、健康増進計画(健康徳島21)において、1日の野菜の摂取目標量を350gとしています。
徳島県民の野菜摂取量はというと、平成28年国民健康・栄養調査の結果では、男性313g(全国8位)、女性309g(全国3位)で目標まであと1歩まできています。
野菜料理は小皿1つ分が約70gなので、1日の献立に「水菜のおひたし」や「きゅうりの酢の物」などを加えれば目標達成できます。
健康体を維持するためにも日々の食生活に野菜料理をプラス1品しましょう!

さて、今月の健康コラムは「11月14日は、世界糖尿病デー」です。
それでは最後までどうぞご覧ください。

今月のトピック
【1】「上手な医療のかかり方アワード」が開催されています
【2】健康保険証の回収をお願いします
【3】とくしま健康ポイントアプリ「テクとく」のご案内
【4】保健師コラム「11月14日は、世界糖尿病デー」
【5】季節の健康情報
【6】新型コロナウィルスの関連情報など

☆★☆【1】「上手な医療のかかり方アワード」が開催されています☆★☆

厚生労働省では、「上手な医療のかかり方」の啓発や、医師をはじめとする医療従事者の負担軽減、若年層に対する医療受診の教育などに関して優れた取り組みを厚生労働省が表彰する「上手な医療のかかり方アワード」を開催しています。
過去2回開催された同アワードでは、医師会によるこどもの健康に関する医療情報を集約した啓発冊子の作成や、自治体による地域医療を守るための啓発活動など、受賞プロジェクトの事例がホームページに掲載されています。
他にも保険者や事業所の取り組みもあります。ぜひご覧いただき、上手な医療のかかり方の参考にお役立てください。

▼「上手な医療のかかり方アワード」はこちらから(厚生労働省ホームページ)
https://kakarikata.mhlw.go.jp/award/index_03.html

☆★☆【2】健康保険証の回収をお願いします☆★☆

退職した場合や扶養から外れた場合は「資格喪失届」「被扶養者(異動)届」に健康保険証を添付いただき日本年金機構へご提出をお願いします。
誤って資格を喪失した保険証を使用し、医療機関を受診してしまいますと、医療費(総医療費の7〜8割)をお返しいただくこととなります。
また、資格喪失後の受診を未然に防ぐため、日本年金機構と協会けんぽから直接ご本人様宛に健康保険証の返納に関する催告を行います。
資格喪失後の健康保険証は、速やかに回収・返却いただきますようお願いします。

☆★☆【3】とくしま健康ポイントアプリ「テクとく」のご案内☆★☆

徳島県では、健康づくりへの意識向上を図るため、スマホアプリを活用し、個人の健康づくりに関する取組(歩数、体重・野菜摂取量の入力、健康イベントへの参加等)に対し「健康ポイント」を付与し、貯まったポイントに応じて「店舗での特典」や「賞品への応募」により、「楽しく!」「お得に!」健康づくりをサポートする、とくしま健康ポイントアプリ「テクとく」を運用しています。
毎日の健康づくりでお得をGETしましょう!

また、「テクとく」アプリを活用した「第4回とくしまウォークビズ選手権(職場対抗戦)」を11月から12月にかけて開催します。職場の仲間とグループを作って楽しみながら、歩数を競い合ってみませんか?

▼「とくしま健康ポイントアプリ「テクとく」」はこちらから(徳島県ホームページ)
https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/kenko/kenko/5033434/
▼「第4回とくしまウォークビズ選手権(職場対抗戦)」はこちらから(徳島県ホームページ)
https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/kenko/kenko/5036541/

☆★☆【4】保健師コラム「11月14日は、世界糖尿病デー」☆★☆

 こんにちは。協会けんぽ徳島支部の管理栄養士です。
 11月14日は世界糖尿病デーです。今年もこの日は、世界糖尿病デーのシンボルカラー、ブルーのライトを灯すイベントが各地で予定されています。徳島県でも、阿波おどり会館がブルーにライトアップされます。

 世界的に見て、糖尿病患者数の増加は深刻な状況が続いており、全世界の約3分の1の糖尿病患者がアジア・太平洋地域に集中していると言われています。
 日本国内に目を転じると、国民の約6人に1人が糖尿病またはその予備軍であり、糖尿病の年間医療費は1兆2239億円にのぼっています。徳島県では、糖尿病の死者数が全国に比べて高い状態が続いており、私たちにとっては身近な病気のひとつと言えるでしょう。
 しかし、糖尿病と指摘されても、自覚症状が少ないために、約6割が未受診、または治療中断の状況にあることが問題になっています。
 高血糖が続くと三大合併症と言われる網膜症・神経障害・腎症につながり、放っておくと失明や足の壊疽・腎不全など、より重い病気になります。加えて、動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞などが起こりやすくなります。健診の結果、血糖値が高めであれば、早めに医療機関に受診するようにしましょう。

 糖尿病予防の基本は「食事と運動」です。
 生活習慣の改善は、毎日のちょっとした心がけが大切です。プラス一皿の野菜料理、プラス10分の運動から始めてみませんか。

☆★☆【5】季節の健康情報☆★☆

今月も季節の健康情報をお届けします!
11月は『運動習慣のすすめ』です。
食事などから摂取するエネルギーが消費エネルギーを上回ると肥満になりやすく、生活習慣病発症のリスクが高まります。
適度な運動を日常に取り入れ、生活習慣病のリスクを回避していきましょう!

▼「季節の健康情報」はこちらから
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/r2/2111501/


☆★☆【6】新型コロナウィルスの関連情報など☆★☆
 
新型コロナウィルス感染症の感染状況やワクチン接種の動向などについては、徳島県や厚生労働省のページからご確認いただけます。
〇新型コロナウィルスについて
徳島県HP
https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/kenko/kansensho/5034012/
〇ワクチン接種について
厚生労働省HP
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_00184.html
徳島県HP
https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/kenko/kansensho/5044056/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]