ページ上部です

医療費データから『徳島』を斬る

協会けんぽの保険料率は、都道府県ごとの医療費の差が反映されており、現在は据え置かれているものの、徳島支部の健康保険料率は全国で5番目に高い料率となっています。

さらに、徳島支部の医療費は全国の医療費の伸び率を上回り年々増加を続け、全国との差は開く一方です。

そこで、徳島支部では医療費の情報を納入告知書に同封しておりますチラシに全6回掲載し、バックナンバーをホームページに掲載します。今後の徳島支部の医療費について一緒に考えてみませんか?

 

医療費データから徳島を斬る最終回

ジェネリック医薬品使用割合

第6回まとめ

 

医療費データから徳島を斬る

医療費データから徳島を斬る

医療データから徳島を斬る

医療費データから徳島を斬る 

 

医療費データから徳島を斬る 

医療費データから徳島を斬る

 

医療費データから徳島を斬る3

  年齢階級別一人あたり医療費

他支部との比較

 

 

 

医療費データから徳島を斬る2

なぜ徳島の通院医療費が全国で一番高いのか 

通院一人あたり医療費の要素分解

第2回まとめ

 

医療費データから徳島を斬る

グラフの見方

グラフ

 

注1.医療費は、社会保険診療報酬支払基金審査分(入院、通院、歯科、調剤、入院時食事療養費・生活療養費、訪問看護療養費)、
          療養費(柔道整復療養費等)、移送費に係るものであり、図中の「その他」は、入院、通院、歯科、調剤以外の医療費を表す。

注2.加入者1人当たり医療費は、年齢調整前の額である。

 

まとめ

 

 第1回まとめ