閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
栃木支部

メールマガジンバックナンバー vol.148


 栃の葉ヘルシーメールVol.148-2022年6月号②-

 協会けんぽ栃木支部発行


 こんにちは、協会けんぽ栃木支部です。

 梅雨明けが待ち遠しい頃でしょうか?私は、新しいレインシューズで梅雨を楽しんで

  おります。皆さまもレイングッズで雨の日を快適に楽しんでみてはいかがでしょうか。

 夏本番も近づいております。熱中症にはくれぐれもご注意ください!

……□もくじ□………………………………………………………………………………………

【1】 知って得する!?健康情報

    「43歳~60歳の男性の皆様へ、風しん抗体検査を受けましょう」

【2】 季節の健康コラム「熱中症と夏血栓に注意しましょう!」

…………………………………………………………………………………………………………

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【1】知って得する!?健康情報

   「43歳~60歳の男性の皆様へ、風しん抗体検査を受けましょう」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 43歳~60歳(昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれ)の男性は、定期予防接種の

対象とならなかった方々であり、周囲に風しんの感染を拡大させる可能性があります。

 対象の男性にはお住いの市区町村よりクーポン券を配布しています。クーポン券を

使用すれば、原則無料で風しんの「抗体検査」と「予防接種」が受けられます。

  まずはご自身が抗体を十分に持っているかどうか、抗体検査を受けましょう。

※対象の方でクーポン券が届いていない方やなくされた方は、お住いの市区町村に

  お問い合わせください。


◆風しんとは

 「風しん」は、風しんウイルスによっておこる急性の感染症です。発熱や咳、

発疹等が主な症状で、軽症や無症状の方が多いですが、稀に重症化もします。

非常に強い感染力をもち、症状が出る前や無症状でも、人から人へうつる可能性が

あります。

 妊婦の方が感染すると、生まれてくる赤ちゃんに重篤な影響がある可能性があります。

 ワクチンで風しんを予防し、自分も、周りも、未来の命も守ることにご協力ください。


◆クーポン券の使いどころは3つ!

① 職場の定期健康診断と一緒に

定期健康診断等の機会にクーポン券を持参するだけで、風しんの抗体検査も受けられます。

余分な時間はかかりません。

※クーポン券の使用可否については、ご自身の職場にご確認ください。


② 人間ドックと一緒に

※クーポン券の使用可否については、健診機関にご確認ください。


③ 医療機関を受診

※クーポン券の使用可否については、医療機関にご確認ください。


◆事業所の健診ご担当者様へのお願い

・健診機関に、クーポン券を利用して風しん抗体検査の実施ができるかの確認をお願い

 します。

・対象の従業員様に、定期健康診断の際に風しんの抗体検査を受けるよう普及啓発を

 お願いします。

・抗体検査の結果、風しんのワクチン接種が必要な場合は、予防接種を受けるよう

 呼びかけや、医療機関を受診しやすいよう配慮をお願いします。


※本案内(風しんの追加的対策)にかかる風しんの抗体検査・ワクチン接種については

 市区町村事業のため、事業所様の費用負担はありません。


○詳しくはこちら↓

厚生労働省「風しんの追加的対策について」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index_00001.html


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【2】季節の健康コラム「熱中症と夏血栓に注意しましょう!」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 夏本番が近づいていますが、皆さま熱中症対策は万全でしょうか?

 ご存知のように熱中症は、発汗による体温調節機能がうまくいかないことや、血液中

の水分やミネラルバランスが崩れることで起こり、その発生ピークは例年7~8月です。


 対策用品として飲み物や塩飴など広く出回っていますので、そちらで補給されている

方も多くいらっしゃることと思います。

 その他、1日3食、とくに朝食をしっかり摂ることも熱中症対策として効果を発揮

しますので、欠かさず朝食を食べるようにしましょう。その際は、パンよりも水分を多く

含むご飯と塩分・水分を合わせて摂れる味噌汁の組み合わせがお勧めです。

 また、寝不足は体温調節機能が低下すること、二日酔いはすでに脱水状態が引き起こ

されていることで熱中症リスクを高めますので、ふだんの体調管理も大切です。


 ところで、皆さまは「夏血栓」という言葉を聞いたことはありますか?

 「夏血栓」とは夏の脱水に起因する脳梗塞を指す言葉で、こちらにも注意が必要です。

 発汗により体が脱水状態となりますと、血液の粘度が増し血栓(血のかたまり)が

できやすくなります。とくに起床後は交感神経優位で血管が収縮すること、寝ている間

に汗をかき睡眠中に脱水が起きやすいこと、就寝中は日中よりも血流が緩やかとなること

で血が固まりやすくなることなどから、血栓ができやすくなります。

 予防として、就寝前には忘れずに水分補給を行うようにしましょう。

 加えて、体の片側にしびれや麻痺が現れたり、言葉が出にくいといった症状がある

場合は、脳卒中の初期症状の恐れがありますので、一刻も早い受診をお願いいたします。


○詳しくはこちら↓

厚生労働省「熱中症を防ぐために知っておきたいこと 熱中症予防のための情報・資料サイト」

https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/nettyuu/nettyuu_taisaku/

…………………………………………………………………………………………………………

○申請書の提出は郵送が便利です! 申請書は協会けんぽのホームページからダウンロー 

ドできます。

 申請書のダウンロードはこちら

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g2

…………………………………………………………………………………………………………


申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[マイナンバー新規(変更)登録申出書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]