閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
栃木支部

メールマガジンバックナンバー vol.146


 栃の葉ヘルシーメールVol.146-2022年5月号②-

 協会けんぽ栃木支部発行

 こんにちは、協会けんぽ栃木支部です。

 ゴールデンウィークもあっという間に過ぎ、梅雨の季節がそろそろ到来しそうですね。

 特に、天気が悪く外出の予定がない休日は、ついつい起床が遅くなりがちですが、質の良い睡眠は免疫力維持に欠かせません。


……□もくじ□………………………………………………………………………………………

【1】 知って得する!?健康情報「質の良い睡眠はとれていますか?」

【2】 季節の健康コラム「知っておきたい女性の健康」

【3】 (締切間近)令和4年度とちぎ健康経営事業所認定制度 申請受付中!

…………………………………………………………………………………………………………


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【1】知って得する!?健康情報「質の良い睡眠はとれていますか?」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 「布団に入ってもすぐに寝付けない・・」「夜中目が覚めてしまう・・」「朝スッキリ目覚めない・・」などは、多くの現代人が抱えている悩みです。

 睡眠不足が続くと、集中力の低下、不安や疲労感を招くだけでなく、生活習慣病のリスクも高まります。健康維持のためには、質の良い睡眠が必要不可欠です。

 今の生活習慣を見直してみましょう!


●入眠の妨げになるもの

・就寝4時間以内にコーヒーなどのカフェインが入った飲み物の摂取。

・就寝1時間以内の喫煙。

・寝る直前での入浴や激しい運動。

・就寝前のスマホやパソコン、テレビ等の視覚刺激。


●質の良い睡眠をとるために

・同じ時刻に毎日起床。

・起床時に太陽の光を浴びる。

・規則正しい食生活と運動習慣。

 朝食は起床後1時間以内に、夕食は就寝の3時間前が理想です。

・入浴は就寝1~2時間前に。

・眠たくなってから布団に入る。

 不眠を感じて、解消しようとするとプレッシャーとなり、かえって継続・悪化させる場合があります。

・睡眠薬代わりの寝酒はしない。


 不眠が続き心身の不調を感じるときは、専門医に相談するのもおすすめです。


○詳しくはこちら↓

厚生労働省特設WEBサイト「スマート・ライフ・プロジェクト」

※睡眠については、下記URLの「みんなの健康づくり集」よりご覧いただけます。

https://www.smartlife.mhlw.go.jp/


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【2】季節の健康コラム「女性の健康」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 「人生100年時代」と言われている今こそ、ご自身やご家族の健康について

考えてみませんか?

 女性はライフステージにより女性ホルモンの量が大きく変化します。

 現代社会において女性のライフスタイルには個人差は大きいですが、すべての女性に女性ホルモン量の変動があることに変わりません。

 いつまでも健康で明るく、充実した生活をしていくために日々の健康管理に加えてライフステージ別の課題を確認しましょう。


●思春期(8~18歳頃)・・・過度なダイエットは禁物

女性の骨粗しょう症や貧血は若い頃のやせが関係していると言われています。

若いころのやせは、低体重児の出産や骨粗しょう症からの寝たきりのリスクを高めます。

●成熟期(19~45歳頃)・・・がん検診を受けましょう

男性に比べて健康診断や各種検診を受けていない女性が目立ちます。

早期発見のため定期的に特定健診・がん検診・婦人科検診などを定期的に受けましょう。

●更年期(45~55歳頃)・・・更年期障害への対応

女性ホルモンが急激に減るため様々な身体的、精神的症状が現れます。

また家庭環境の変化も重なる時期です。自分だけで我慢せず、場合によっては専門医のサポートで「付き合う」気持ちで過ごすことも必要です。

●老年期(56歳~)・・・骨粗しょう症への対策

寝たきりのきっかけにもなる骨粗しょう症を意識し、食生活や運動などの生活習慣を整えましょう。

また、*フレイル予防のためにも「食事」と「運動」「社会性」を見直し、いつまでも活発に活動できるようにしましょう。


*フレイル:老化が加速して心身の衰えが進み、健康な状態と要介護の状態の中間にあること。そのままにしていると要介護に至りやすい。


自分の身体と向き合い【身体のサイン】を見逃さないようにしましょう。


○詳しくはこちら↓

厚生労働省特設WEBサイト「女性の健康推進室ヘルスケアラボ」厚生労働省研究班監修

https://w-health.jp/


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【3】(締切間近)令和4年度とちぎ健康経営事業所認定制度 申請受付中!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 「とちぎ健康経営事業所認定制度」の申請受付を開始しております。

 今年度の募集期間は、令和4年4月4日(月)から令和4年6月3日(金)(※必着)となっております。


●ご注意ください!~申請前にもう一度チェック~

・申請の際は、令和4年度版の申請様式をご利用ください。令和3年度版の申請様式では、受付することができません。

・認定の有効期間は認定の日から3年間となります。令和2年度または令和3年度に認定を受けている(「とちぎ健康経営事業所認定証」が事業所様宛に届いている)場合、今年度の申請は必要ありません。

・申請内容に不備があった場合でも、協会けんぽ栃木支部よりご連絡や返戻等はできませんのでご留意ください。


○とちぎ健康経営事業所認定制度の詳細はこちら↓

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/tochigi/cat070/tochigikenkokeiei/


◇◆◇ 最後までお読みいただきありがとうございました。◇◆◇

栃木支部では、メールマガジン登録者を募集しております。

ぜひ、職場の方やご友人にもご紹介をお願いいたします。


…………………………………………………………………………………………………………
○申請書の提出は郵送が便利です! 申請書は協会けんぽのホームページからダウンロードできます。
 申請書のダウンロードはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g2
…………………………………………………………………………………………………………

発行元
■全国健康保険協会(協会けんぽ)栃木支部
■〒320-8514 宇都宮市泉町6-20 宇都宮DIビル7階
■TEL:028-616-1691(代表) FAX:028-616-1535
■https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/tochigi/

申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[マイナンバー新規(変更)登録申出書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]