閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
栃木支部

メールマガジンバックナンバー vol.140


 栃の葉ヘルシーメールVol.140-2022年2月号②-
 協会けんぽ栃木支部発行

 こんにちは、協会けんぽ栃木支部です。
 皆さまは、初午(はつうま。2022年は、2月10日でした。)の日に栃木県
 (主に、北関東)の郷土料理「しもつかれ」は食べられましたか?最近では、
 食べやすいように様々なアレンジ料理が紹介されているようです。無病息災
 を願い「しもつかれ」を堪能してみてはいかがでしょうか?
……□もくじ□………………………………………………………………………………………
【1】 知って得する!?健康情報「花粉症を乗り切るために」
【2】 季節の健康コラム「新たな国民病、CKD(慢性腎臓病)を知っていますか?」
【3】 季節の健康レシピ「大葉ごはん」
…………………………………………………………………………………………………………
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【1】知って得する!?健康情報「花粉症を乗り切るために」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 スギやヒノキの花粉が飛散する時期がやってきました。皆さまは花粉症の備えは、
万全でしょうか?毎年、花粉症で悩まされる方も、まだ発症していない方も、テレビや
インターネットなどの花粉情報をチェックし、しっかり花粉症対策をとりましょう。

●実践したい花粉症対策

【外出時】
・顔にあったマスクを着用。
・目に花粉が入らないよう花粉症用の眼鏡の使用。
・髪はなるべくまとめる。
・衣類は花粉が付着しやすいウール素材は避ける。

【帰宅時】
・上着や髪についた花粉を振り払う。
・手洗いやうがい洗顔をする。

【日常生活】
・バランスのとれた食事をこころがける。
  ※脂質のとりすぎにより、分解が不十分のまま吸収されると抗体が増え、
    アレルギー症状を引き起こします。
・アルコールやたばこは、鼻の粘膜に悪影響を及ぼし、花粉症を悪化させるため控える。

●アレルギーに負けない食材をとりいれる
・乳酸菌・・・腸の環境を整え、免疫機能を向上させアレルギー体質を改善します。
・EPA、DHA・・・青魚に多く含まれており、かゆみなどの症状を緩和する効果があります。
・ポリフェノール・・・緑茶などに含まれるポリフェノールは、炎症を抑える効果があります。

 症状が強く、寝不足や食欲不振になってしまうと身体全体の健康状態にかかわって
しまうこともあり得ます。あまりにも辛い場合には、生活習慣の改善に加えて、
お薬などの治療も視野に入れて、医療機関を受診することも検討しましょう。

〇詳しくはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/h25/20140124001/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【2】季節の健康コラム「新たな国民病、CKD(慢性腎臓病)を知っていますか?」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 CKD(慢性腎臓病)とは、タンパク尿や腎臓の機能の低下など腎臓の異常が続いている
状態をいいます。放ったままにしておくと、腎臓の働きがさらに低下し、人工透析や
腎移植を受けなくてはならなくなってしまいます。
 日本のCKD患者は、20歳以上の8人に1人が該当すると推計されており、誰もがかかる
可能性のある身近で危険な病気です。

 CKDの初期には、自覚症状はほとんどありません。体のむくみや貧血などの症状が
現れるころには、かなり進行している可能性があります。腎臓は、一度悪くなってしまう
と、自然に元に戻る事はありません。
 しかし、早期に治療できれば、進行を抑え、症状を改善することが期待できます。
 したがって定期的な健康診断がとても大切になってきます。

●まずは健康診断で腎臓の働きをチェックしてみましょう●
① 尿検査で尿タンパクが陽性
② eGFR60ml/min/1.73リュウベイ 未満
①または②の状態が3ヶ月以上続いている状態をCKDといいます。健康診断で①②に該当
する場合には早めに病院を受診するか、かかりつけ医に相談しましょう。

【腎臓を守るためのポイント】
①バランスの良い食事をとる
②塩分を控える
③お酒は控えめに
④適切な水分摂取をする(糖分の含まないものを選ぶ)
⑤適度な運動を定期的に行う
⑥禁煙する
⑦ストレスを溜め込まない

 CKDは生活習慣病(糖尿病や高血圧など)やメタボリックシンドロームと深く関係しています。
 血圧や血糖値のコントロール、肥満の解消が大切です。
 病気を理解して、腎臓に優しい生活習慣を心がけましょう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【3】季節の健康レシピ「大葉ごはん」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 花粉症など、季節性のアレルギー予防には、体の免疫機能を正常に保つ食材がおすすめ
です。脳を活性化し、免疫機能を整えてくれる大葉を使った、彩の良いごはんレシピを
ご紹介します。

〇詳しいレシピはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat520/02/2602/

========================================

◇◆◇ 最後までお読みいただきありがとうございました。◇◆◇
栃木支部では、メールマガジン登録者を募集しております。
ぜひ、職場の方やご友人にもご紹介をお願いいたします。

…………………………………………………………………………………………………………
○申請書の提出は郵送が便利です! 申請書は協会けんぽのホームページからダウンロードできます。
 申請書のダウンロードはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g2
…………………………………………………………………………………………………………

発行元
■全国健康保険協会(協会けんぽ)栃木支部
■〒320-8514 宇都宮市泉町6-20 宇都宮DIビル7階
■TEL:028-616-1691(代表) FAX:028-616-1535
■https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/tochigi/

申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[マイナンバー新規(変更)登録申出書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]