ページ上部です

メールマガジンバックナンバー vol.101

 栃の葉ヘルシーメールVol.101-2019年8月号-
 協会けんぽ栃木支部発行

 こんにちは、協会けんぽ栃木支部です。蒸し暑い日が続いていますがお元気でお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。気温・湿度の上昇により気を付けたいのが食中毒です。実は、家庭での食中毒の発生が少なくないことをご存知ですか?今月号の栃の葉ヘルシーメールでは家庭での食中毒予防のポイントについてお伝えします。最後までぜひお読みくださいね。

……□もくじ□………………………………………………………………………………………
【1】 健診、受けっぱなしにしていませんか?「特定保健指導(無料)」を受けましょう
【2】 知って得する!?健康情報「暑さを乗り切る!夏野菜で夏バテ予防」
【3】 季節の健康コラム「食中毒を予防しよう」
【4】 季節の健康レシピ「きのこの和風スパゲッティ」
【5】 その他のお知らせ
≪任意継続被保険者の方≫8月分の任意継続保険料納付期日は8月13日(火)です。
…………………………………………………………………………………………………………

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【1】健診、受けっぱなしにしていませんか?「特定保健指導」を受けましょう
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 健康診断を受けた後、健診結果をご覧になっていますか?昨年との比較だけでなく、数値の意味まで理解し、健診結果が教えてくれる「からだ」の状態を知ることが大切です。

 協会けんぽでは、健診の結果から将来病気にならないためにも生活習慣を見直した方が良い方へ「特定保健指導(無料)」を実施しています。保健師や管理栄養士が適切な食事、運動など生活習慣全般のアドバイスを通し健康づくりのサポートを行います。皆さまの健康のため、積極的なご利用をお願いします。

 また、7月号でお伝えした「インセンティブ制度(※)」の評価項目となっているため、利用者が増えると保険料率が引き下がることにもつながります。

対象となった方はこの機会に一緒に健康づくりに取り組んでみませんか?

◆特定保健指導について詳しくはこちら↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat420/r36
※インセンティブ制度とは、健診や保健指導の実績について47都道府県支部でランキング付けを行い、上位過半数に該当した支部についてはインセンティブ(報奨金)が付与され、保険料率を引き下げるという制度です。詳しくはこちら↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat550/insenthibuseido/insenthibuseido

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【2】知って得する!?健康情報「暑さを乗りきる!夏野菜で夏バテ予防」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 いよいよ暑さ本番。6月号より熱中症対策をお伝えしてきましたが、みなさん元気に過ごしていますか?熱中症の原因として水分不足、室内外の温度差による自律神経の乱れなどがありますが、暑さによる食欲の低下というのも原因の一つとなります。 疲れが出やすい夏だからこそ、栄養バランスに気を付けた食事を心がけましょう。

【代表的な夏野菜とはたらき】
●トマト …抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンCを多く含む
●ピーマン…ビタミンC(コラーゲンの合成を助け、メラニン色素の沈着を防ぎ健やかな肌を保つ)
●ゴーヤ …ビタミン、ミネラル、カリウムを含み代謝を促進する
 参考:「熱中症予防声かけプロジェクト。ひと涼みして熱中症を予防しよう。」
 (http://www.hitosuzumi.jp/stylebook/200
 
 トマト、きゅうり、なす等の夏野菜は栄養だけでなく水分もたくさん含まれているため、体を冷やすことにも効果的です。
旬の野菜を意識して、夏を快適に過ごしましょう!

◆旬の野菜に含まれる栄養素や効果、レシピはこちら↓
「環境省×熱中症予防声かけプロジェクト」
http://www.hitosuzumi.jp/
◆夏野菜を使ったレシピはこちら↓
「夏ベジプロジェクト(農林水産省)」
http://tabeyo-kokusan.jp/season/summer

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【3】季節の健康コラム 「食中毒を予防しよう」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 6月から9月にかけては、気温と湿度が上昇し細菌が繁殖しやすいため、一年でもっとも食中毒が多く発生する時期です。
食中毒の予防のために次の点に注意しましょう。

●食品の保存
・冷蔵や冷凍が必要な食品は、持ち帰ったらすぐに保存する
・肉汁や魚の水分が他の食品につかないようポリ袋などに入れる
・冷蔵庫や冷凍庫の詰め過ぎに注意し(目安は7割程度)、温度が下がらないよう開閉は極力少なくする
●食品の調理
・調理の前には石鹸を使ってきちんと手を洗う
・冷凍品の解凍は冷蔵庫で行う(室温で解凍しない)
・肉や魚に触れた手で、生野菜に触れない(その都度手を洗う)
・加熱すべきものは十分に加熱する
●食事
・調理したものは早めに食べる
・少しでも怪しいと思ったら食べるのをやめる
●調理器具等の消毒
・調理器具は、洗剤で洗うだけでなく、熱湯をかける(熱湯消毒)
・まな板は時々日光に当てる(日光消毒)
・ふきんは漂白剤につけて消毒し、汚れがひどいものは交換する
(参考資料:厚生労働省「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント」)

上記の他に、睡眠や食事をきちんととり、適度な運動でストレスをためないなど、日頃から免疫力を低下させない生活を心がけることも予防の大切なポイントです。

<食中毒を防ぐ3つの原則・6つのポイント(政府広報オンライン>
https://www.gov-online.go.jp/featured/201106_02/index.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【4】季節の健康レシピ「きのこの和風スパゲッティ」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 協会けんぽでは、「季節の健康レシピ」を毎月ホームページで紹介しております。
↓8月の健康レシピ「きのこの和風スパゲッティ」↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat520/h31/1080102
パスタは、穀類の中では血糖値の上昇が比較的ゆるやかな食品です。血糖値の上昇を抑えるはたらきがある食物繊維を多く含むきのこと一緒に食べることで、血糖値の上昇をゆるやかにできます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【5】その他のお知らせ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
①8月分の任意継続保険料納付期日は8月13日(火)です。
 ※初回保険料の納付期日は栃木支部が指定した日となりますのでお手元の納付書をご確認ください。
 
②FMラジオ放送中!!(RADIO BERRY 76.4FM)
健康保険制度や栃木支部の取り組みについて放送中!ぜひお聴き下さい♪
●毎週火曜日17時台「知ってる?協会けんぽ!」
(生放送ワイド番組『B・E・A・T』内)
RADIO BERRYのホームページで番組の概要とバックナンバーがご覧いただけます↓
http://www.berry.co.jp/kenpo/

③被扶養者資格の再確認のお願い
 協会けんぽでは、高齢者医療制度における拠出金及び保険給付の適正化を目的に、健康保険の被扶養者となっている方が、現在もその状況にあるかを確認させていただくため。毎年度<被扶養者資格の再確認>を実施しております。事業所様宛てに9月下旬より順次「被扶養者状況リスト」をお送りいたしますので、ご確認いただき、【令和元年11月20日までに】同封の返信用封筒にてご提出ください。被扶養者の方の現況確認だけではなく、加入者みなさまの保険料負担軽減につながる大切な確認となります。お手数をおかけしますがご理解とご協力をお願いいたします。

========================================

◇◆◇ 最後までお読みいただきありがとうございました。◇◆◇
栃木支部では、メールマガジン登録者を募集しております。
ぜひ、職場の方やご友人にもご紹介をお願いいたします。

…………………………………………………………………………………………………………
○申請書の提出は郵送が便利です! 申請書は協会けんぽのホームページからダウンロードできます。
 申請書のダウンロードはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g2
…………………………………………………………………………………………………………

発行元
■全国健康保険協会(協会けんぽ)栃木支部
■〒320-8514 宇都宮市泉町6-20 宇都宮DIビル7階
■TEL:028-616-1691(代表) FAX:028-616-1535
■https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/tochigi/