ページ上部です

メールマガジンバックナンバー vol.82

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

□◆□ 栃の葉ヘルシーメールVol.82-2018年1月号- □◆□

                                                   協会けんぽ栃木支部発行 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜〜〜□もくじ□〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【1】基準保証料率から最大20%割引! 健康・働き方応援保証“はつらつ”
【2】効果額18億円! 被扶養者資格再確認のご協力ありがとうございました
【3】ジェネリック医薬品でいくら安くなる? 「Ge医薬品軽減額通知」をお送りします
【4】ご自身の医療費を確認! 「医療費のお知らせ」をお送りします
【5】H30.1.31(水) Ge医薬品セミナーを開催します
【6】健康コラム「インフルエンザに注意しましょう」
【7】季節の健康レシピ「ブリのバジル風味 冬野菜のラタトゥイユ添え」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 明けましておめでとうございます。協会けんぽ栃木支部です。
 昨年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。
 本年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【1】基準保証料率から最大20%割引! 健康・働き方応援保証“はつらつ”
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 協会けんぽ栃木支部は、平成29年11月29日(水)に、栃木県、栃木県信用保証協会、健康保険組合連合会栃木連合会及び厚生労働省栃木労働局と「健康保持・増進及び働き方改革に係る連携に関する協定」の締結を行いました。
 この締結による具体的な取り組みとして、栃木県信用保証協会により、健康・働き方応援保証“はつらつ”の取扱いが開始されました。

 健康・働き方応援保証“はつらつ”
 ⇒健康経営、働き方の見直しや労働環境の整備に積極的に取り組む中小企業・小規模事業所のみなさまの成長・発展を支援することを目的とした保証制度です。

 次の「認定要件」または「認定外要件」を満たす場合、保証料率が割り引かれます。

 (認定要件) 保証料率20%割引 
 ①  日本健康会議 「健康経営優良法人」  認定
 ②  厚生労働大臣 「くるみん」・「プラチナくるみん」  認定
 ③  厚生労働大臣 「えるぼし」  認定
 ④  厚生労働大臣 「ユースエール」  認定
 ⑤  厚生労働省  「安全衛生優良企業」  認定
 ⑥  栃木県知事  「男女生き活き企業」  認定

 (認定外要件) 保証料率15%割引
 ①  協会けんぽ・健保連 「とちぎ健康経営宣言証」   交付
 ②  次世代法      「一般事業主行動計画」  届出
 ③  女性活躍推進法    「一般事業主行動計画」  届出
 ④  栃木県            「とちぎ女性活躍応援団」  会員登録
 ⑤  栃木県            「いい仕事いい家庭つぎつぎとちぎ宣言」  登録

 “はつらつ”について、詳しくは、こちら↓をご覧ください。
 http://www.cgc-tochigi.or.jp/system/system_38

 協会けんぽ栃木支部の「とちぎ健康経営宣言証」の交付で15%、その取り組みを発展させて日本健康会議の「健康経営優良法人」の認定を受けた場合は、20%の割引が行われます。この機会に、まずは「とちぎ健康経営宣言」から始めてみませんか。

 「とちぎ健康経営宣言」の申込書は、こちら↓をご覧ください。
 http:www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/tochigi/cat070/kenkousengen

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【2】効果額18億円! 被扶養者資格再確認のご協力ありがとうございました
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 協会けんぽでは、高齢者医療制度における納付金・支援金及び保険給付の適正化を目的に被扶養者資格の再確認を、平成29年6月から7月にかけて実施いたしました。事業主及び加入者の皆さまには「被扶養者状況リスト」等の提出にご協力いただき、誠にありがとうございまし た。

 ≪再確認の結果≫
 ●被扶養者から除かれた方:約7.5万人(平成29年10月末現在の全国の数値)
 ●削除による効果額:協会けんぽ全体で約18億円の見込み
  (△高齢者医療制度への負担軽減額)

 △高齢者医療制度への負担軽減額ってなに?
 高齢者の方の医療費は、税金、本人負担によるほか、協会けんぽ等の各医療保険者から拠出することとなっていますが、その支援金は、加入者の人数等に応じて算出されます。そのため、被扶養者の解除の届出を行っていないと、その被扶養者分についても協会けんぽの支援金 の額に追加され、皆さまの保険料負担が増えることにつながります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【3】ジェネリック医薬品でいくら安くなる? 「Ge医薬品軽減額通知」をお送りします
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 協会けんぽでは、「ジェネリック医薬品」の普及促進のため、「ジェネリック医薬品軽減額通知」を年に2回お送りしています。この通知は、処方されたお薬をジェネリック医薬品に切り替えた場合に、1ヶ月のお薬代がどのくらい軽減されるかをお知らせするものです。

 ≪送付時期≫ 
  平成30年2月ごろ
  被保険者(ご本人)様の住所へ直接送付します。

 ≪対 象 者≫ 
  ①20歳以上の方
  ②先発医薬品からジェネリック医薬品に変更した場合、一定額のお薬代を軽減できる可能性のある方
  ※すべての加入者に通知されるものではありません。

 詳しくは、こちら↓をご覧ください。
 https://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g5/cat570

――――――――――――――――――――――――――――――――
【4】ご自身の医療費を確認! 「医療費のお知らせ」をお送りします
――――――――――――――――――――――――――――――――

 協会けんぽでは、加入者の皆様にご自身の治療等にかかった医療費について確認いただき、日頃の健康管理について考えるきっかけとしていただくため、年1回「医療費のお知らせ」を発行しています。

 ≪送付時期≫   平成30年2月中旬以降 順次発送
 ≪通知内容≫   診療年月、受診者名、受診された医療機関名、柔道整復師名、医療費の額など
 ≪通知対象期間≫ 平成28年10月から平成29年10月に受診された分

 ****************************************
 *  「医療費のお知らせ」は医療費控除の申告手続きに使用可能となりました。  *
 ****************************************

 “ポイント”
 平成29年分の確定申告から、領収書の提出の代わりに、医療費控除の明細書の添付が必要となりました。また、「医療費のお知らせ」を添付すると、明細の記入を省略できます。この場合、領収書の保管も不要となります。
 ※ただし医療費のお知らせに記載されていない医療費分は、医療機関からの領収書に基づき作成した「医療費控除の明細書」を確定申告書に添付し、それらの領収書を5年間保存する必要があります。
 ※確定申告(医療費控除)に係るお問い合わせは最寄りの税務署までお願いします。

――――――――――――――――――――――――
【5】H30.1.31(水) Ge医薬品セミナーを開催します
――――――――――――――――――――――――

 協会けんぽ栃木支部は、栃木県薬剤師会との共催による「ジェネリック医薬品セミナー」を開催します。セミナーでは、ジェネリック医薬品やお薬に対する疑問や不安を解消し、安心して使用していただけるよう、ジェネリック医薬品についてわかりやすくお伝えします。参加費は無料です。この機会にジェネリック医薬品に対する理解を深めてみませんか。

 【日時 / 会場】
 ◎1月31日(水)14:00~ ※2時間程度
  栃木県教育会館 中会議室 (宇都宮市駒生1丁目1-6)
 会場へのアクセス方法は、こちら↓をご覧ください。
 http://www.t-rk.jp/access/

 セミナーの詳細や申込書は、こちら↓をご覧ください。
 https://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/shibu/tochigi/cat070/2014013103/20171219001

―――――――――――――――――――
【6】インフルエンザに注意しましょう
―――――――――――――――――――

 インフルエンザは、インフルエンザウィルスに感染することによっておこる病気で、例年12月から3月が流行シーズンです。
 38度以上の高熱や、のどの痛み、関節の痛み、だるさなどの全身症状が見られ、人によっては、重症化する恐れもあります。
 インフルエンザの感染を広げないために、「かからない」「うつさない」対策を実践しましょう。

 《どうやって感染するの?》
 ◇飛沫感染   咳やくしゃみ、会話などで飛び散ったウィルスを吸い込んで感染
 ◇接触感染    ウィルスがついた手で、目・鼻・口などを触れて感染

 《うつらないようにするには?》
 ◇「手洗い」と「うがい」の励行  特に外出先からの帰宅後や調理の前後、食事前などこまめに手を石けんで洗いましょう
 ◇乾燥しやすい室内は、加湿器などで適切な湿度(50〜60%)に保ちましょう
 ◇流行時は、なるべく人混みや繁華街への外出を避けましょう
 ◇普段から、十分な睡眠とバランスの良い食事を心がけましょう

 《かかったかな?と思ったら》
 ◇早めにかかりつけの医療機関で診察を受けましょう
 ◇受診の際は、必ずマスクを着用しましょう

 《ほかの人にうつさないためには?》
 マスクをせずに咳やくしゃみをすると、ウィルスが2〜3m飛ぶと言われています。
 そこで必要なのが「咳エチケット」です
 ◇咳、くしゃみがでたらマスクをしましょう
 ◇マスクをしていない場合は、ティッシュなどで口や鼻を覆いましょう
 ◇使ったティッシュはすぐに蓋つきのゴミ箱に捨てましょう
 ◇手を洗いましょう
 ◇咳をしている人にはマスクの着用を促しましょう

――――――――――――――――――――――――――――――――――
【7】季節の健康レシピ「ブリのバジル風味 冬野菜のラタトゥイユ添え」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

 協会けんぽでは、「季節の健康レシピ」を毎月ホームページで紹介しております。
 ↓1月の健康レシピ「ブリのバジル風味 冬野菜のラタトゥイユ添え」↓
 https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat520/h29/300101001

 

 

◇◆◇ 最後までお読みいただきありがとうございました。◇◆◇
栃木支部では、メールマガジン登録者を募集しております。
ぜひ、職場の方やご友人にもご紹介をお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○申請書の提出は郵送でも受け付けています。簡単・便利な郵送をご利用ください。
○申請書は協会けんぽのホームページからダウンロードできます。
  申請書のダウンロードはこちら
 http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g2
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ―発行元―
■ 全国健康保険協会(協会けんぽ) 栃木支部
■ 〒320-8514 宇都宮市泉町6-20 宇都宮DIビル7階
■ TEL 028-616-1691(代表) FAX 028-616-1535
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/tochigi/