閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
栃木支部

知ってる?ジェネリック


ジェネリック医薬品に関するクイズに挑戦!


Q1.お子様の医療費が無料になるのはなぜ?

 ①健康保険が負担しているから    ②市町村が負担しているから



≪お子様の医療費のしくみ≫
※小学校入学前のお子様が病院で診療を受け、10,000円の医療費がかかった場合


子供の医療費しくみ



 お子様の医療費は【皆さまが納めた税金】と、【皆さまが納めた健康保険料】から支払われています。つまり、医療機関での自己負担がなくても、医療費は発生しているのです。
→このまま医療費が増え続けると、皆さまの負担が重くなってしまうかもしれません・・・
  私たちひとりひとりがジェネリック医薬品を使用することで、皆さまの大切な保険料を節約することができるのです。


こたえ:①②どちらも

 

Q2.ジェネリック医薬品が工夫していることは?

 ①味を変えている(甘くするなど)    ②小さくしている    ③飲みやすい形に変えている



≪ジェネリック医薬品の工夫≫
 ジェネリック医薬品は、患者さんや医療関係者の意見を活かし、飲みやすく改良されています。
たとえば・・・

Ge工夫




小さなお子様でも飲みやすいように、様々な工夫がされています!
お薬を飲みにくそうにしている場合は、薬剤師さんに相談してみてはいかがでしょうか。


こたえ:①②③すべて


Q2.ジェネリック医薬品に変えることで、自己負担は年間でどのくらい安くなる?

 ①1,000円程度    ②5,000円程度    ③10,000円程度    ④15,000円程度



≪ジェネリック医薬品はどうして安いの?≫
 新薬(先発医薬品)に比べて、研究開発費を大幅に抑えることができるためです。
新薬の開発には長い期間と費用が必要になります。一方、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、薬の有効成分を利用して開発されるため、その分、開発期間やコストを大幅に抑えることができるのです。
(先発医薬品よりも3割~5割程度安くなる場合が多いです。)


≪安い薬だけど、安全性は大丈夫なの?≫
 ジェネリック医薬品は、効き目や安全性が新薬と同等であると厚生労働省が承認したお薬です!新薬と同じように、体内で有効成分が吸収されるかを確認する試験等が実施されています。


≪ジェネリック医薬品に関するお知らせをお送りしています≫
 協会けんぽでは、ジェネリック医薬品に切り替えた場合に、お薬代の負担軽減が一定額以上見込まれる方に、軽減額の通知をお送りしています。
令和元年度にお知らせを受け取った方のうち、ジェネリック医薬品に変更された方の軽減額の平均は、
1か月あたり1,250円!年間で試算すると15,000円の軽減が可能という計算になります。


 

1人当たりの軽減額/月(円) 

年間(試算) 

栃木支部 

 1,250円

 15,000円

 全国

 1,301円

 15,612円




こたえ:④15,000円程度


皆さんは何問正解できましたか?

 ジェネリック医薬品を使用することは、皆さまのご負担を抑えるだけでなく、国の医療費を抑え日本の医療保険制度を維持することにつながります。お子様方が将来も安心して医療が受けられるよう、皆さまのご協力をお願いいたします。
 負担が軽減されるとはいえ、お薬を変更することに不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。担当のお医者さん、薬剤師さんに相談のうえ、ぜひ一度、「ジェネリック医薬品を試してみようかな?」という気持ちで、使ってみるのはいかがでしょうか。


ジェネリック医薬品についてもっと詳しく知りたい方は

ジェネリック医薬品について [協会けんぽ]
●日本ジェネリック製薬協会ホームページについてはこちら
かんじゃさんの薬箱 (ジェネリック医薬品の検索などが行えます) 
 [日本ジェネリック医薬品学会]
ジェネカル (お薬をジェネリック医薬品に変更した場合の、差額を試算できます) 
 [株式会社くすりみらい]



【お問い合わせ先】
協会けんぽ栃木支部  企画総務グループ
TEL:028-616-1692  FAX:028-616-1535

このカテゴリーの他のページ
申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]