閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
島根支部

バックナンバー【第102号】(令和3年10月15日発行)


こんにちは!協会けんぽ島根支部です。

 

秋色が深まってきました。朝晩と寒暖差も激しくなっていますが、皆様体調管理には十分お気を付けください。

10月といえば、ハロウィンの季節ですね。ハロウィンではジャック・オー・ランタンというカボチャをくりぬいたランタンを作りますが、これは元々魔除けのために玄関に飾っていたという説がありました。

 カボチャは免疫に関わる栄養素を含む栄養価が高い野菜です。せっかくのこの機会に季節のカボチャを味わいつつジャック・オー・ランタンを作ってみてはいかがでしょうか。

季節の健康レシピではカボチャと合わせて召し上がっていただけるレシピを掲載していますので、ぜひご覧ください♪

 

・…………・…………・

 今月号のもくじ 

・…………・…………・

  1. ケガをしたときの給付

  2. 各種申請書の郵送での申請のお願い

  3. さんびる健康コラム

    第4回 生活習慣から意識して、良い睡眠をとりましょう!

  4. 季節の健康レシピ「タンドリーチキン」


【1】ケガをしたときの給付

 ≪業務上、通勤途上のケガは労災保険からの給付≫

 ●こんなとき健康保険使える?

 1.パート中にケガをして、健康保険を使用するようにと言われた

 2.仕事中にケガをしたけれど、軽いケガなので健康保険を使用したい

 3.1日限定の学生アルバイトで、労災保険が使えないため健康保険を使用したい

 ●こたえ

 すべて健康保険は使用できません。業務上のケガ、通勤途上のケガについては、原則として労災保険からの給付となります。労災保険に該当するか判断が難しい場合には、勤務先を管轄する労働基準監督署へご相談ください。

 

 ≪第三者行為によってケガをしたとき≫

 交通事故など第三者の行為によりケガをしたとき、被害者は加害者に損害賠償を請求できますが、被害者がケガについて健康保険の給付を受けた場合は、本来加害者が支払うべきものを健康保険が負担したことになります。

協会けんぽが後日、加害者に対して健康保険給付した費用を請求する際に「第三者行為による傷病届」が必要となりますので、すみやかに提出をお願いします。

 

▼交通事故などの第三者行為による傷病届についてはこちら

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/shimane/cat080/01/6112-41750/

 

適正な保険給付を行うため「負傷原因の照会」を行っています。皆様のご協力をお願いいたします。

 

▼負傷原因の照会について詳しくはこちら 

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/shimane/cat080/01/202003/20150404/

 

【2】各種申請書の郵送での申請のお願い

現在、新型コロナウイルスの感染リスクを軽減する観点から、任意継続、限度額適用認定証、傷病手当金などのお手続きについては、極力申請書を郵送いただきますようお願いしております。ご相談やお問い合わせは、ご来訪ではなくお電話でもご案内可能です。

 

▼郵送での申請の流れについてはこちら

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g1/r2-3/2020033001/

 

【3】さんびる健康コラム

========================================

第4回 生活習慣から意識して、良い睡眠をとりましょう!

(株式会社さんびる 健康福祉部 健康運動指導士 高梨勇人)

 朝晩も涼しくなり、寝苦しい夜が減りましたね。

睡眠は人間の三大欲求に挙げられるほど大切なものですが、運動や栄養ほどその中身が注目されることは多くありません。

国民健康・栄養調査によると男性の37.5%、女性の40.6%が6時間未満の睡眠時間で、「睡眠自体の質に満足できなかった。」「日中、眠気を感じた。」という人の割合は男性53.9%、女性では58.9%と半数以上にも上ります。

では、なぜ多くの人が良い睡眠をとれていないのでしょうか。

1.眠る前の生活習慣

 現代社会では就寝前にスマートフォンを使用する人も多いのですが、これが問題。

 画面から発せられるブルーライトは眠りを促進するメラトニンの分泌を減らしてしまいます。可能であれば、就寝1時間前までにはやめるようにしましょう。

2.ストレス

 日常生活や仕事でのストレスが溜まっていると、交感神経が優位に働き、リラックスできません。この結果、睡眠の質が下がってしまいます。

 趣味やリラックスできる活動を取り入れ、自律神経の働きを高めましょう。

3.睡眠の環境

 温度や湿度、明るさや音などは睡眠に大きな影響を与えます。

 夏場寝苦しいときや冬場寒い時期などは、エアコン等を上手に活用しましょう。

 また、テレビをつけたまま寝てしまうのもNG!図書館の静かさと言われる40デシベルを超える音も良い睡眠を妨げる要因となってしまいます。


人間は体内リズムの動物と言われています。そして、そのリズムを整えているのが光と食事です。朝起きたら、まず朝日を浴びてしっかり朝食を摂りましょう。

加えて、ウォーキングやストレッチなどの軽運動は適度な肉体の疲労感を生み、睡眠の質を向上させることが分かっています。

こういった生活習慣も取り入れながら、快適な睡眠時間をお過ごしください。


【4】季節の健康レシピ「タンドリーチキン」

 10月は食欲の秋です。食事を楽しむがあまりに、食べ過ぎてしまうこともしばしば…。このレシピはヨーグルトを使って脂質をおさえ、大腸にやさしいメニューです。ぜひ作ってみてくださいね。

 

▼レシピの詳しい内容についてはこちら

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat520/10/3110/

 

【最後までお読みいただきありがとうございました】

*****************************
◆メールマガジンの配信停止を希望される場合はこちらから
https://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/webapp/form/16514_ely_1/index.do?s=51
◆メールマガジンの配信先の変更等を希望される場合はこちらから
https://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/webapp/form/16514_ely_2/index.do?s=51
 *****************************
配信元
 全国健康保険協会(協会けんぽ)島根支部 企画総務グループ
 〒690-8531 松江市殿町383 山陰中央ビル2階
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/shimane/

このカテゴリーの他のページ
申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]