閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
島根支部

バックナンバー【第99号】(令和3年07月15日発行)



こんにちは、協会けんぽ島根支部です。


今月は島根県内で大雨が猛威をふるいました。
近年大雨による災害が発生する中、ここ最近ニュースで「線状降水帯」という言葉を耳にする機会が増えています。


「線状降水帯」とは50キロ~300キロメートルにわたり積乱雲が列をなして次々に発生し、同じ場所で長時間激しい雨を降らせる現象のことをいいます。
線状降水帯は集中豪雨の原因となるため、今年6月から全国20か所にある気象レーダーで雨量を観測し、「3時間の積算雨量100ミリ以上の面積が500平方キロメートル」などの条件を満たした場合に注意情報を発表するという運用が始まりました。


ただし「発生予測」をするものではないため、注意情報が発表されたときにはすでに線状降水帯が発生しています。

ニュースでこの言葉を耳にされた際には、防災に十分に気を配った行動を心掛けましょう。


・…………・…………・
 今月号のもくじ 
・…………・…………・
【1】 おしらせ
(1)「令和3年7月豪雨」により被害を受けられた皆さまについて
(2)「令和2年7月豪雨」に関する一部負担金の免除の延長について
【2】入院するときの給付金~限度額適用認定証~
【3】負傷原因届の提出について
【4】さんびる健康コラム
第3回「良い汗」をかいて夏を乗り切りましょう!
【5】 季節の健康レシピ「あじの和風マリネ」


【1】 おしらせ
(1) 「令和3年7月豪雨」により被害を受けられた皆さまについて


このたび令和3年7月1日から発生した大雨により、被害を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
被害に遭われ健康保険証がお手元に無い場合でも医療機関を受診できる取り扱いとなりましたのでお知らせいたします。


▼詳細についてはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/event/cat550/saigaiosirase/r307/hokensyou/



(2) 「令和2年7月豪雨」に関する一部負担金の免除の延長について


協会けんぽでは令和2年7月豪雨により甚大な被害を受けられた加入者の皆さまにつきまして、

令和2年7月4日~令和3年6月30日の診療において、医療機関窓口での一部負担金等の支払いの免除を行っているところですが、この取扱いについて令和3年12月31日まで延長することを決定しましたのでお知らせいたします。


▼令和2年7月豪雨についてはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/event/cat550/saigaiosirase/r0207gouu/menjyo/



【2】 医療費が高額になりそうなとき~限度額適用認定証~


入院等で医療費が高額になりそうなときは限度額適用認定証のご利用をおすすめしています。


限度額適用認定証を提示することで、ひと月(1日から末日まで)の医療費が高額になったとき、窓口にて支払う金額が自己負担限度額までで済み、提示しない場合よりも窓口での負担が軽減されます。

高額な医療費が見込まれる場合には、ぜひご利用ください。


「限度額適用認定証」の申請の流れはとても簡単です。


① 協会けんぽホームページから申請書を印刷し、必要事項をご記入願います。
② ご加入の協会けんぽ都道府県支部へ郵送で申請書をご提出願います。
③ 後日、協会けんぽより郵送で限度額適用認定証をお届けいたします。
(島根支部では、申請後1週間程度でご自宅等へお届けします)


  
※1 治療費のお支払いについて、保険医療機関(入院・外来別、医科・歯科別)、保険薬局等それぞれでの取扱いとなります。


※2 同月に入院や外来など複数受診がある場合は、「高額療養費」の申請が必要になることがあります。

保険外負担分(差額ベッド代など)や、入院時の食事負担額等は対象外となります。


▼限度額適用認定証についてはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3020/r151/
▼高額療養費についてはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/sb3030/r150/



【3】負傷原因届の提出について


業務上及び通勤途上のケガ等については、原則として労災保険の適用となります。
また、交通事故や喧嘩等の相手によりケガをしたときの治療費は、原則加害者が負担することになります。


そのため、協会けんぽでは、医療機関から協会けんぽへ請求される診療報酬明細書(レセプト)に基づき、加入者の皆さまへ「負傷原因の照会」を行っています。

適正な保険給付を行うために必要な照会ですので、ご協力をお願いいたします。


▼負傷原因の照会についてはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/shimane/cat080/01/202003/20150404/



【4】さんびる健康コラム
========================================
第3回「良い汗」をかいて夏を乗り切りましょう!
(株式会社さんびる 健康福祉部 健康運動指導士 高梨勇人)


●段々と気温も高い日が多くなり、これからが夏本番といった気候ですね。
今回はそんな時期に多くなる「汗」についてお話ししたいと思います。


●汗には「体温調節」と「体内から老廃物を排出する」という大きな役割があります。
私たちは、気温の高い環境下やスポーツなどの活動時には体温が上がり、その上昇した体温を下げるために脳から汗を出す指令が出ます。

皮膚の表面を濡らし、汗が蒸発する気化熱によって体内の熱を逃がすという仕組みです。


そして、その汗には体内の老廃物も含まれています。
汗をかく活動に「デトックス」という言葉がよく使われますが、これは解毒という意味の英単語から略された言葉であり、まさに体内の毒を排出するということなのです。
現代社会では様々な有害物質(食品添加物や大気汚染物質など)が体内に入ることもあり、中でも水銀や鉛などの有害重金属類は汗でしか排出できません。
しっかりと汗をかいて身体を中からキレイにしていきましょう!


●ここで問題となるのが「多くの方は汗をかかないように生活している」ということです。
汗はなるべくかきたくない!と感じる方も多いかもしれませんが、朝から就寝時までエアコンの効いた環境で過ごしていると、汗を分泌する汗腺の働きが弱まってしまいます。
急に気温が上がった日やエアコンの効いた部屋から室外に出た際など、体温調節機能が正常に働かなくなってしまい、結果的に熱中症や夏バテをしやすい身体になってしまいます。


●サラサラとした「良い汗」を効率的に分泌させるための活動と言えば、やはり「運動」です。

日中の気温が高い時間は避け、朝晩の涼しい時間帯にウォーキングなどの軽い運動を実施することで、メリハリのある生活を心がけましょう!(もちろん水分補給はお忘れなく!)


▼協会けんぽ島根支部YouTube 
「コロナに負けるな!これからはじめるウォーキング」はこちら
https://youtu.be/S37qAnUJmb0
「しまめチャレンジ!室内でかんたんトレーニング編」はこちら
https://youtu.be/mnAPUbvj1pE
========================================



【5】季節の健康レシピ「あじの和風マリネ」


血液ドロドロ予防のために、血栓予防効果のあるEPA・DHAを含む「あじのマリネ」はいかがでしょうか。

暑さで疲れた体に栄養をたっぷり美味しく取り入れましょう!


▼レシピの詳しい内容はこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat520/07/2707/



【最後までお読みいただきありがとうございました】


*****************************
◆メールマガジンの配信停止を希望される場合はこちらから
https://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/webapp/form/16514_ely_1/index.do?s=51
◆メールマガジンの配信先の変更等を希望される場合はこちらから
https://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/webapp/form/16514_ely_2/index.do?s=51
 *****************************
配信元
 全国健康保険協会(協会けんぽ)島根支部 企画総務グループ
 〒690-8531 松江市殿町383 山陰中央ビル2階
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/shimane/

このカテゴリーの他のページ
申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]