ページ上部です

バックナンバー【第85号】(令和2年05月15日発行)

こんにちは、協会けんぽ島根支部です。
●5月5日の立夏から数えて10日ほど経ちこの頃は晴天の日も多く過ごしやすい季節となってきましたね。例年であればレジャーやお出掛けをするには最適な季節ですが、今年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため自宅で過ごしていらっしゃる方も多いかと思われます。そうした中で日頃、どういった方法で身体を動かしておられますか?
 「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」(新型コロナウイルス感染症対策本部決定)においては、外出の自粛の対象とならない外出の例として、一定の距離をとった上で屋外での運動や散歩等が生活の維持に必要なものであるとの報道がなされています。
●協会けんぽ島根支部公式サイト「へるし〜まね」には、健康的な生活を送るための役立つ情報が盛りだくさんです。『へるし〜ウォーキング』では、歩いた距離を登録することで、WEB上で島根県や全国一周の仮想コースの踏破を目指し、楽しくウォーキングができます。また、ひと月ごとに、その月の歩数をランキング形式で発表しています。すでにウォーキングをしている方もこれから始めようと思っている方も、『へるし〜ウォーキング』をぜひともご利用ください。
●屋外で安全・安心に運動・スポーツを行えるよう、配慮が必要なことや個人が気を付けなければならないポイントについてはスポーツ庁のホームページにて詳しく案内がされております。詳しくはそちらをご確認ください。

 

▼へるし〜まねについて詳しくはこちら|協会けんぽ
http://shien32.kyoukaikenpo.or.jp/

 

▼新型コロナウイルス感染対策 スポーツ・運動の留意点と、運動事例について|スポーツ庁
https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop05/jsa_00010.html

 

** Menu ********
○お知らせ
【1】ジェネリック医薬品(後発医薬品)について
【2】健康保険料の使い道をご存知ですか
【3】ヘルス・マネジメント認定制度 『健康づくり実践事例集』が完成しました
○健康のすゝめ
★季節の健康情報 「5月 はじめよう 未病対策 」
★今月のへるし〜レシピ 
 「ブロッコリーの胡麻和え」
 ***************

 

 【1】ジェネリック医薬品(後発医薬品)について
●最近では、ジェネリック医薬品という言葉を耳にする機会が増えてきました。このジェネリック医薬品、どのようなお薬かご存知ですか?お薬代の負担を軽減させるだけではなく、日本の医療保険制度を維持していくためにも、とても大切なお薬です。
  ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬(先発医薬品)と同等の有効成分・効能があると厚生労働省から認められている安価なお薬です。新薬は開発に多額の費用、時間がかかるため、特許期間が設けられていて、その新薬を独占的に製造・販売することができます。したがって、その特許期間が過ぎると、他の医薬品メーカーでも同じ有効成分のお薬を製造することが可能となり、そうやって製造されたお薬がジェネリック医薬品です。 
●島根支部は、全国47都道府県支部の中で6番目に使用割合が高くはなっていますが、一方で課題としては、小児・若年層(特に5歳〜19歳まで)の使用割合は他の年代よりも10%程度低くなっています。
 (ご参考)直近のデータ(令和1年12月診療分)では島根支部の使用割合は81.5%となっています。(全国平均:78.2%)。

※ジェネリック医薬品は、安心・安全な医薬品ですが、医師による処方箋が必要です。また、すべてのお薬にジェネリック医薬品があるわけではありません。使用できる病気(効能)が異なる場合や在庫がない場合など切り替えることができない場合があります。まずは、医師・薬剤師にご相談ください。

 

▼ジェネリック医薬品(後発医薬品)について|協会けんぽ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat570/

 

▼統計情報(ジェネリック医薬品使用状況月報)|協会けんぽ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/shimane/cat090/2020011615/

 

【2】健康保険料の使い道をご存知ですか
●協会けんぽの都道府県ごとの保険料率は、地域の加入者の皆さまの医療費に基づいて算出されています。このため、疾病の予防などの取組により都道府県の医療費が下がれば、その分都道府県の保険料率も下がることになります。
●平成30年度よりインセンティブ制度が導入され、加入者及び事業主の皆様の特定健診や特定保健指導、ジェネリック医薬品の使用割合等の取組結果が保険料率に反映されています。(インセンティブ制度については、下記をご覧ください。)
 協会けんぽ全体の支出のうち、加入者の皆さまの医療費等が約6割、高齢者の医療費を支えるための拠出金等いわゆる仕送り金が約4割です。協会けんぽでは、保険料の上昇を抑制できるよう、「ジェネリック医薬品の使用促進」や「レセプト点検・医療費適正化」などの取り組みを進めています。
  
▼令和2年度の協会けんぽの保険料率について|協会けんぽ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3130/r2/20207/
 

▼「インセンティブ制度」平成30年度実績 結果のお知らせについて|協会けんぽ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/shimane/cat080/2020012701/

 

▼医療機関のかかり方で上手に節約!|協会けんぽ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat540/20130224001/

 

【3】ヘルス・マネジメント認定制度 『健康づくり実践事例集』が完成しました
●協会けんぽ島根支部では、「ヘルス・マネジメント認定制度」の普及・促進に向け積極的に取り組んでおり、令和2年4月末日時点での健康宣言事業所は1,102社となり、そのうち1割強である133社が認定事業所となっています。
●加入事業所の皆様にご協力いただき、島根大学および島根県と共同で実施した「健康経営に関するアンケート調査」の結果をみると、健康経営に取り組む上での課題について、「ノウハウがない」、「どのようなことをしたらよいかわからない」との回答が最も多く、具体的な取り組み方法の周知不足が課題であることがわかりました。その一助とすべく今般、「健康づくり実践事例集」を作成しました。この事例集は、54社の認定事業所が特に力を入れている健康づくりの取り組み事例を「運動」・「食事」・「禁煙対策」など8つのテーマ別に掲載しています。「健康づくり実践事例集」は、健康宣言事業所様へ近日中に配布する予定にしています。健康宣言(エントリー)をするだけで、無料でご活用いただけますのでこの機会に事業所内での健康づくりに取り組みませんか。
  健康宣言(エントリー)は島根支部ホームページから「健康宣言エントリーシート(応募用紙)」を印刷し、必要事項をご記入のうえ、FAXで提出するだけで完了します。

 

▼ヘルス・マネジメント認定制度|協会けんぽ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/shimane/cat070/20160425/20160425/

 

○健康のすゝめ
★季節の健康情報 「5月 はじめよう 未病対策」
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/h31/31050101/

 

 ★今月のへるし〜レシピ
 このコーナーでは、健康増進支援サイト「へるし〜まね」内コンテンツ、「へるし〜レシピ」でご紹介しているレシピの中から、毎月旬な食材を使ったレシピや人気のレシピをご紹介していきます。

 

 ==============
 今月のレシピ 『ブロッコリーの胡麻和え』
 ==============
 材料(2人分)
・ブロッコリー    100g
・うど(orセロリ)   30g
・赤板かまぼこ    20g
・煎りすり胡麻    小さじ2
 (A)
・薄口しょうゆ  小さじ2弱
・砂糖        小さじ1/2
 作り方
 (1)ブロッコリーは小房に分けて茹でておく。うど(セロリ)は皮をピーラーで薄くはぎ、太めの千切りにしてさっと茹でる。赤板かまぼこはイチョウ切りにする。
 (2)冷めたブロッコリー、うど(セロリ)、赤板かまぼこを煎りすり胡麻と(A)で和える。

 <ひとこと>
 国民の健康の増進に関して基本的な方向や目標を定めた「健康日本21(第二次)」では、野菜の摂取目標量は1日350g以上とされています。厚生労働省が実施している「国民健康・栄養調査」をみると、平成30年の調査での野菜類平均摂取量は、成人男性で約290g、女性で約270gとなっています。特に20〜30歳代は男性で約260g、女性で約240gと成人の平均より約30gも少ない量になっています。皆さまは毎日の食事で、どのくらいの野菜を食べていますか?
へるし〜レシピでは、野菜や肉、魚介など食材からレシピを検索することが可能です。野菜でレシピを検索すると140件ものレシピが無料で見ることができます。食べ方を工夫して、毎日の食事の中に野菜を少しずつ増やすことを目指してみるのも健康づくりの第一歩ではないでしょうか。

 

▽へるし〜レシピはこちらから
http://shien32.kyoukaikenpo.or.jp/recipe/index.html

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

*****************************
配信元
全国健康保険協会(協会けんぽ)島根支部
〒690-8531 松江市殿町383 山陰中央ビル2階
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/shimane/