ページ上部です

国民健康保険料(税)の軽減制度と任意継続被保険者

 平成22年4月1日から、倒産・解雇などにより離職した方(雇用保険の特定受給資格者)及び雇止めなどにより離職された方(雇用保険の特定理由離職者)の国民健康保険料(税)を軽減する制度(以下「軽減制度という)が開始されます。 
 この軽減制度においては、これらの方の国民健康保険料(税)について、離職の翌日からその翌年度末までの間、前年所得の給与所得を100分の30として算定することにより、失業後、任意継続被保険者となった場合よりも納めるべき保険料が低くなる場合があります。双方の保険料等を比較し、どちらの健康保険制度に加入するかご検討ください。

 なお、今回の軽減制度の創設に伴い、すでに任意継続被保険者になっている方について、軽減制度を利用するための措置が取り決められました。国民健康保険への変更を希望される方は、保険料の納付方法により、次の1、もしくは2の取扱いとなります。

※国民健康保険料の額や軽減制度にかかるお問合せは、お住まいの市区町村へご相談ください。

1.任意継続から国民健康保険に変更したい方(毎月納付者)

 国民健康保険に加入する前に、任意継続での被保険者の資格を喪失する必要がありますが、任意継続健康保険の制度上、被保険者証に表示されている資格喪失予定年月日までは、任意でやめることはできませんので、次の(1)~(2)のとおりとなります。

 (1) 毎月の保険料(毎月月初にお送りする納付書)を納付期限(毎月の10日(10日が土日
     祝祭日の場合は翌営業日))までに納付しないことにより、納付期限の翌日に資格が喪失
       となります。
 (2) 資格喪失日以降に協会けんぽが発行する資格喪失日を証明する書類をもって、お住まい
       の市区町村の窓口で国民健康保険の手続きを行ってください。

毎月分の保険料ができなかった場合

2.任意継続から国民健康保険に変更したい方(前納納付者)

 国民健康保険に加入する前に、任意継続での被保険者の資格を喪失する必要がありますが、任意継続健康保険の制度上、被保険者証に表示されている資格喪失予定年月日までは、任意でやめることはできませんので、次の(1)~(3)のとおりとなります。

 (1) 被保険者ご本人から、別途、申出書を提出していただきます。
 (2) (1)の申出により、申出を行った月までは、毎月分の保険料を納付いただいたことと
     し、申出を行った月の翌月の納付期限の時点で保険料の納付がないことで、納付期限の翌
     日に資格が喪失となります。
 (3) 資格喪失日以降に協会けんぽが発行する資格喪失日を証明する書類をもって、お住まい
       の市区町村の窓口で国民健康保険の手続きを行ってください。

前納している方で、申出を行った場合

 申出方法、前納保険料の清算(還付)については、次のとおりとなります。

◆ 申出方法

 申出書に必要事項及び前納保険料の清算(還付)を希望される理由をご記入のうえ、管轄する協会けんぽ支部へ提出してください。

 申出書のダウンロードは、こちらから

◆ 前納保険料の清算(還付)

 協会けんぽでは、申出書を受付した時点での保険料還付額を計算し、申出のあった月の翌月分以降の保険料を申出書に記入された口座に後日振り込みます。
 なお、還付額については、納付済み前納保険料額から申出のあった月までの各月の保険料額をマイナスした額となります。 

申出があった場合の、保険料還付のイメージ

 健康保険任意継続制度につきましては、協会けんぽ支部までお問合せください。