ページ上部です

島根支部 第1期保健事業実施計画(データヘルス計画)

島根支部のデータヘルス計画について

 

データヘルス計画とは

データヘルス計画とは、「加入者の健康保持増進」を目的に保険者(協会けんぽや健康保険組合など)が保有する健診結果及びレセプトデータ等の分析から健康課題を把握し、加入者の健康づくりや重症化予防に活用するもので、平成25年6月に閣議決定された「日本再興戦略」にも盛り込まれています。

 

島根支部のデータヘルス計画

島根支部では、加入者の皆さまの健診結果データおよび医療費データを分析した結果、「代謝(空腹時血糖)リスク」の保有率が男女ともに全国と比べて高いこと等が判明しています。この結果をもとに、「データヘルス計画(平成27年度~29年度)」を策定し、これに沿って保健事業等を実施してまいります。

詳しくは、「全国健康保険協会島根支部データヘルス計画(平成27年~29年度) 」をご覧ください。