閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
滋賀支部

びわメール♪<第110号>(R3.5発行)


◆◆―――――――――――――――――◆◆

びわメール♪ 
《協会けんぽ滋賀支部 メールマガジン》
<2021年5月 第110号>

◆◆―――――――――――――――――◆◆

こんにちは、協会けんぽ滋賀支部です。
「びわメール♪」をお読みいただきありがとうございます。

◇◆◆ 目次 ◆◆◇―――――――――――

【1】協会けんぽからのお知らせ

 ~ 締切間近! 被扶養者(ご家族)向け 無料健診のご案内 ~
 

 ~ 健康教室のご案内 ~


 ~ 健康機器貸出のご案内 ~


 ~ 外国人向け情報誌「みみタロウ」への記事掲載 ~


【2】医療保険情報

 ~ マイナンバーカードの保険証利用について ~ 


【3】健康コラム

コラム執筆者
大阪がん循環器病予防センター
乳腺検診部長 医師 和田公子 先生


◆―――――――――――――――――――◆
【1】協会けんぽからのお知らせ

●締切間近! 被扶養者(ご家族)向け 無料健診のご案内    
☆★ 申込期間 令和3年5月31日(月)必着です。★☆
協会けんぽにご加入の40歳から74歳までの被扶養者(ご家族)の方を対象に、特定健康診査を自己負担なし(無料)で受診していただける会場をご用意しております。
付加サービスとして「骨密度測定」と「貧血検査」も無料でご利用いただけます。
各健診機関においては、新型コロナウイルス感染症対策をとって健診を実施しています。

申込方法等詳しくはこちら▼
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/shiga/cat040/20170403/


●健康教室のご案内
健康教室では、日々の生活の中で健康を意識し、健康づくりを実践するきっかけとして、保健師や健康運動指導士などの専門家が皆様をサポートいたします。
企業内研修として無料でご利用いただけます。ぜひ、この機会に健康教室をご利用いただき、働く皆様の健康維持・増進にお役立てください。

健康教室はWEB(リモート)開催が可能です。
感染症対策としても有効なWEB(リモート)開催をこの機にご検討ください。

講座内容・申込方法等 詳しくはこちら▼
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/shiga/cat070/20150612/


●健康機器貸出のご案内
協会けんぽ滋賀支部では、従業員の健康づくりに取り組む事業主・加入者の皆様の活動をサポートするため、「健康づくり機器の無料貸し出し」を実施しています。
生活習慣の見直し・改善にお役立てください。

◇貸出機器
①血管年齢測定器
 血管の老化度、つまり動脈硬化の進み具合を測定して、血管の硬さが何歳に相当するか算出します。
 測定器に年齢・性別等をタッチパネルで入力し、指先をセンサーに入れると短時間で測定できます。

②血圧計
 血管に絶えず圧力をかけている「血圧」は、健康を左右する大きな要因です。定期的に測定しましょう。


申込方法等詳しくはこちら▼
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/shiga/cat070/20210512/


●外国人向け情報誌「みみタロウ」への記事掲載
外国人加入者の制度理解のため、公益財団法人 滋賀県国際協会と協働し10か国語による健康保険記事「健康保険シリーズ」を連載しています。
第2号の記事として、適正受診を啓発する「日本での病院のかかり方」を掲載しました。

記事の閲覧はこちらから▼
https://www.s-i-a.or.jp/references/mimitaro 
(公益財団法人 滋賀県国際協会 ホームページ)


◆――――――――――――――――――◆

【2】医療保険情報

●マイナンバーカードの保険証利用について

マイナンバーカードの保険証利用については、令和3年3月よりプレ運用が開始されていますが、当面の間は、マイナンバーカードだけでなく、健康保険証や高齢受給者証等も併せて持参していただくようお願いします。


マイナンバーカードの保険証利用について、詳しくはこちら▼
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08277.html 

保険証利用に対応した医療機関・薬局についてはこちら▼
https://www.mhlw.go.jp/stf/index_16743.html
(厚生労働省ホームページ)

◆――――――――――――――――――◆

【3】健康コラム

コラム執筆者
大阪がん循環器病予防センター
乳腺検診部長 医師 和田公子 先生

新型コロナウイルス感染症の拡大で不要不急の外出自粛が続きますが、皆さんがん検診はお受けになりましたでしょうか?

ご存じのように2人に1人が癌になり、3人に1人が癌で亡くなる時代です。我国のがん統計は、死亡データは1~2年遅れ、罹患(がんと診断されること)データは4~5年遅れて公表されています。国立がん研究センターがん情報サービスの最新がん統計によると、
2019年にがんで死亡した人は約38万人(男性約22万人、女性約16万人)
2017年に新たに診断されたがん(全国がん登録)は約98万例(男性約56万例、女性約42万例)
2020年のがん罹患数予測は約101万例(男性約58万例、女性約43万例)になると言われています。

2019年の死亡数の多いがんは
 男性 1位 肺癌  2位 胃癌  3位 大腸癌 4位 膵癌 5位 肝癌
 女性 1位 大腸癌 2位 肺癌  3位 膵癌  4位 胃癌 5位 乳癌
全体では1位 肺癌  2位 大腸癌 3位胃癌   4位 膵癌 5位 肝癌 でした。

2017年に診断された多いがんは
 男性 1位 前立腺癌 2位 胃癌  3位 大腸癌 4位 肺癌 5位 肝癌
 女性 1位 乳癌   2位 大腸癌 3位 肺癌  4位 胃癌 5位 子宮癌
全体では1位 大腸癌  2位 胃癌  3位 肺癌  4位 乳癌 5位 前立腺癌 でした。

2020年罹患者数の多いがんは1位大腸癌、2位胃癌、3位肺癌、4位前立腺癌、5位乳癌の順にがん罹患者が多いと予測され、前立腺癌が乳癌と入れ替わるとされています。

誰もが、“自分は『がん』にならない”と思っているかと思います。では、“『がん』にかかっていない”という事をご自身で確認されていますか?

多くの市町村やがん検診提供施設では、受診者の方々に対するコロナウイルス感染予防対策を実施しています。癌にかかる方が増え2人に1人は癌になるといわれている現在、早期発見早期治療が大切です。
がん検診を受けたのはいつですか?コロナ感染のこの時期ですが、がん検診を受けておられない方はお受けになることを強くお勧めいたします。 


◆――――――――――――――――――◆

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

――――――――――――――――――

発 行 元:全国健康保険協会(協会けんぽ)滋賀支部
住   所:大津市梅林1-3-10 滋賀ビル
電話番号:077-522-1099(代表)

協会けんぽ滋賀支部のホームページ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/shiga/

このメールアドレスは配信専用のため、ご返信いただいてもお応えすることができません。ご了承ください。

―――――――――――――――――

メールマガジン登録ページ・バックナンバーはこちらから▼
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/shiga/cat130/

―――――――――――――――――

申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[マイナンバー新規(変更)登録申出書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]