ページ上部です

高額医療費と出産費の貸付制度

協会けんぽでは高額医療費と出産費の貸付制度がございます。健康保険から支払われる給付金(高額療養費・出産育児一時金)の見込み額のうち、8割相当額を限度に無利子でお貸しし、後日精算の上、残額をお支払する制度です。

 

高額医療費の貸付

高額療養費は同一月に支払った医療費が、一定の自己負担限度額を超えた場合に本人の申請により支給されますが、医療機関等から提出された診療報酬明細書(レセプト)の審査を経て行いますので、決定されるまでに通常3ヶ月以上かかります(高額療養費についてはこちら

 そのため当座の医療費の支払いに充てる資金として、高額療養費支給見込額の8割相当額を無利子で貸付を行う制度が設けられております。ご利用ください。

高額療養費の貸付イメージ図

高額療養費の貸付イメージ図

1. 貸付金額 

 高額療養費支給見込額の8割に相当する額とし、100円未満の端数は切り捨てとします。

2. 対象者

 協会けんぽの被保険者であって、高額療養費の支給が見込まれる方。

3. 申込方法

 下記の(1)~(3)の書類に必要事項を記入して、(4)~(5)の書類を添付のうえ、申込先の全国健康保険協会各支部にご提出ください。提出はすべて郵送でおこなえます。
 用紙につきましてはダウンロードしていただくか、協会けんぽまでお電話いただければ、送付させていただきます。

お読みください申請書の印刷についてのお願い(PDFファイル)

 提出書類名  ダウンロード
 (1)高額医療費貸付金貸付申込書  用紙  記入例
 (2)高額療養費支給申請書

 用紙・記入例

 (3)高額医療費貸付金借用書  用紙  記入例
 (4)医療費請求書(医療機関にて発行)※詳細はお問い合わせください  用紙  
 (5)被保険者証(または受給資格者票)の写し

※以下の書類は該当の方のみ、添付してください。詳しくは協会けんぽまでご相談ください。

 (6)低所得者の所得区分に該当される方は、そのことが確認できるもの
 (7)第三者の行為によってケガや病気になった場合、第三者行為による傷病届等

4. 返済方法

 貸付金の返済は、全国健康保険協会へ支給申請していただいた高額療養費の給付金の支払を返済金に充てます。残額は支給申請書でご指定された金融機関にお振込みいたします。

 なお、医療費の減額や不支給等により、貸付金が返済されなかったとき、または不足の場合は返納通知書をお送りしますので期日までに返納してください。

5. その他

ご入院される方へ

 ご入院で医療費が高額になる方は、限度額適用認定証の交付を受けることにより、医療機関の窓口での支払額を自己負担限度額までに抑えることができます。詳しくはこちらをご覧ください。

 


出産費の貸付

 出産費用については、平成21年10月より出産育児一時金の直接支払制度が導入されており、この制度をご利用できる場合は、多額の現金をいったんご用意していただく必要がなくなりました。
(出産育児一時金・直接支払制度についてはこちら

 ただし、直接支払制度に対応することが直ちに困難な医療機関等については、例外的に一定の措置を講じていただいた上で直接支払制度の適用が猶予されています。
 また、出産に要する当面の費用の支払いが生じる場合もあります。

 そのため、出産育児一時金が支給されるまでの間、出産育児一時金の支給額の8割を限度に無利子で貸付する制度が設けられております。ご利用ください。

出産費貸付の流れ

出産費貸付の流れ

1. 貸付金額

 貸付金額は1万円を単位とし、出産育児一時金支給見込額の8割相当額を限度とします。
 (限度額33万円)

2. 対象者

 全国健康保険協会管掌健康保険の被保険者又は被扶養者で、出産育児一時金の支給が見込まれる方のうち、次の(1)もしくは(2)に該当する方です。

 (1) 出産予定日まで1ヶ月以内の方。

 (2) 妊娠4ヶ月(85日)以上の方で、病院・産院等に一時的な支払いを要する方。

3. 申込方法

 下記の(1)~(3)の書類に必要事項を記入して、(4)~(5)の書類を添付のうえ、申込先の全国健康保険協会各支

部にご提出ください。提出はすべて郵送でおこなえます。
 用紙につきましてはダウンロードしていただくか、協会けんぽまでお電話いただければ、送付させていただきます。

お読みください申請書の印刷についてのお願い(PDFファイル)

 提出書類名  ダウンロード
 (1)出産費貸付金貸付申込書  用紙  記入例
 (2)出産育児一時金支給申請書
    ※出産日や出生児名など貸付申込時点で不明な部分の記入は不要です。

用紙・記入例

 (3)出産費貸付金借用書  用紙  記入例
 (4)母子健康手帳など出産予定日を証明する書類の写し
  (ご出産者の氏名と出産予定日の確認できるページの写しを添付)
 (5)被保険者証(または受給資格者票)の写し

※出産予定日まで1ヶ月以上ある方(対象者の(2)に該当する方)
 医療機関等が発行した出産費用の請求書等の写しも添付してください。

4. 返済方法

 貸付金の返済は、全国健康保険協会へ支給申請していただいた出産育児一時金の給付金の支払を返済金に充てます。残額は支給申請書でご指定された金融機関にお振込みいたします。

 なお、不支給等により貸付金が返済されなかったとき、または不足の場合は返納通知書をお送りしますので期日までに返納してください。