閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
佐賀支部

佐賀支部重症化予防事業について


「佐賀支部は 重症化予防に力を入れています!」

 佐賀支部の保険料率は全国一高いことをご存知ですか? その主な原因は、医療費が高いことですが、問題は医療費だけではありません。佐賀県内労働者の定期健康診断結果では、有所見率が全国平均を常に上回る状況が続いており、循環器疾患や糖尿病など、生活習慣病による健康及び貴重な労働力の損失も懸念されます。

 こうした状況を踏まえ、佐賀支部では加入者の皆様の健康づくりを目的として、下記にお示ししています2つの事業を展開しています。

 

1.未治療者・未受診者に対する受診勧奨事業

 協会けんぽでは、未治療者や未受診者に対して、生活習慣病を予防し、QOLの維持及び医療費適正化を目的に医療機関への受診勧奨を実施しております。

佐賀支部でも、健康診断の結果(血圧値又は血糖値)で受診が必要と判定されながら、医療機関を受診されていない方へ、電話やお手紙による、受診の確認やお勧めをしております。

 

【対象者】

・35歳以上75歳未満の生活習慣病予防健診を受診した被保険者(ご本人様)

・以下の基準のうち、いずれかひとつでも該当する方

収縮期血圧

拡張期血圧

空腹時血糖

HbA1c

160mmHg

以上

100mmHg

以上

126㎎/dl

以上

6.5%以上

(NGSP値)

 

  


・健診受診前月及び健診受診後3カ月以内に、医療機関への受診が確認できなかった方

 

【勧奨方法】

 ・お手紙:概ね健診を受けて半年後に、ご案内をご自宅へお送りします。

 ・お電話:受診の確認のため、お電話をさせていただく場合があります。

 ※お手紙は複数回お送りする場合があります。

 ※お電話については、事業所様にご連絡させていただく事があります。ご理解とご協力をお願いいたします。


≪事業主様への受診勧奨事業のご案内≫

 近年、日本は少子高齢化が急速に進む中、生産年齢人口の減少や人材不足、医療費をはじめとする社会保障費の拡大など様々な課題を抱えています。働く人が「健康で働き続ける」ということは個人だけではなく事業所や社会全体にとっても大切なことと言えます。健診後の保健指導や要治療者への受診勧奨、日頃からの健康づくりについて、事業所全体で推進されますようお願い申し上げます。

 佐賀支部では、受診勧奨業務についてのお知らせとご協力のお願いの文書を、事業主様宛にお送りさせていただいております。

 また、事業所様での受診確認のための様式を作成いたしました。是非ご活用ください。

 

2.糖尿病性腎症重症化予防事業

協会けんぽ佐賀支部では、糖尿病で通院する加入者様に対し、医療と連携した保健指導等を行い、腎機能低下の遅延等、糖尿病性腎症の重症化を予防し、QOLの維持及び医療費の適正化を図ることを目的として、佐賀県の糖尿病性腎症重症化予防プログラムに沿った事業を実施しております。

 

【対象者】 以下の項目にすべて該当する方

・協会けんぽ佐賀支部加入の被保険者(ご本人様)

・佐賀県糖尿病性腎症重症化予防プログラムに定める基準に該当し、佐賀支部が選定した方

・糖尿病の治療中の方で、プログラム参加に関し、かかりつけ医の同意が得られる方

 

【実施方法】

 ・保健師、管理栄養士による6か月間の継続支援及びフォロー支援(継続支援終了後1回)

・期間中は1か月に1回を目安に面談、電話、文書による支援をします。

 ・受診及び治療状況を確認し、支援内容に関しては、かかりつけ医と連携をいたします。

 ・食生活をはじめ、生活習慣の改善を中心に支援し、合併症予防や治療効果向上を図ります。

 

●重症化予防に関するお問い合わせ先

 協会けんぽ佐賀支部 保健グループ

  TEL:0952(27)0615

  FAX:0952(27)0617

申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]